[救心漢方]桔梗湯エキス散

[救心漢方]桔梗湯エキス散の基本情報

[救心漢方]桔梗湯エキス散の概要

商品名 [救心漢方]桔梗湯エキス散
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 救心製薬
販売会社名 救心製薬

[救心漢方]桔梗湯エキス散の特徴

 [救心漢方]桔梗湯エキス散は、漢方医学の原典『傷寒論』、『金匱要略』に記載されている「桔梗湯」をのみやすい微粒状のエキス散剤としたものです。
 「桔梗湯」は、のどの痛みに使用する「甘草湯」に、消炎効果のある「桔梗」を加えた薬方で、のどが赤くはれて痛む扁桃炎扁桃周囲炎などに用いられます。
◆[救心漢方]桔梗湯エキス散は、次のような症状(扁桃炎扁桃周囲炎)を目標として使用すると、すぐれた効きめを発揮します。
 ◇かぜなどにより、のどが赤くはれて痛む
 ◇のどの使いすぎで、のどがはれて痛む
 ◇気候の急激な変化によって、のどがはれて痛む
 ◇のどのはれや痛みで、異物感があり、ものをのみ下しにくい
 ◇のどがはれて、声がかすれ、咳や痰が出る

[救心漢方]桔梗湯エキス散の効果・効能

体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛み、ときにせきがでるものの次の諸症:扁桃炎扁桃周囲炎

[救心漢方]桔梗湯エキス散の構成成分

3包(1包1.5g)中 次記生薬の抽出乾燥エキス(桔梗湯乾燥エキス)1470mg〔キキョウ2.0g、カンゾウ3.0g〕

[救心漢方]桔梗湯エキス散の用法・用量

食前又は食間に少しずつ口中に含み、水又はお湯で徐々に溶かして服用すること。
大人(15歳以上):1回1包。
7~14歳:1回2/3包。
4~6歳:1回1/2包。
2~3歳:1回1/3包。
2歳未満:1回1/4包。
1日3回服用。
食間とは、食後2~3時間を指します。
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
2.1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させること。

[救心漢方]桔梗湯エキス散の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人
 (3)胃腸が弱く下痢しやすい人
 (4)高齢者
 (5)次の症状のある人
    むくみ
 (6)次の診断を受けた人
    高血圧、心臓病、腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 〔関係部位〕 : 〔症  状〕
  消化器   :  食欲不振、胃部不快感
  まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること
 〔症状の名称〕 : 〔症  状〕
  偽アルドステロン症、 : 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、
  ミオパチー       脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。 
3.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

[救心漢方]桔梗湯エキス散の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。