生葉口内塗薬

生葉口内塗薬の基本情報

生葉口内塗薬の概要

商品名 生葉口内塗薬
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 小林製薬
販売会社名 小林製薬

生葉口内塗薬の特徴

▼歯ぐきの出血・腫れ・うみ・痛み・むずがゆさ、口臭など歯肉炎・歯槽漏に
 おける諸症状、口内炎に優れた効きめがあります
▼高粘着性軟膏タイプなので、4つの有効成分が歯周ポケット内に長く留まって
 効果的に作用し、優れた効きめを発揮します
▼歯ぐき全体にマッサージしながら塗り込むと効果的です
▼歯ぐきにスーッとしみ込むような爽やかな使用感です

生葉口内塗薬の効果・効能

歯肉炎・歯槽漏における諸症状(歯ぐきの出血・歯ぐきの発赤・歯ぐきのはれ・歯ぐきのうみ・歯ぐきの痛み・歯ぐきのむずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎

生葉口内塗薬の構成成分

100g中 ヒノキチオール0.1g、セチルピリジニウム塩化物水和物0.05g、グリチルリチン酸二カリウム0.4g、アラントイン0.3g

生葉口内塗薬の用法・用量

歯肉炎・歯槽漏:1日2回(朝・晩)ブラッシング後、適量(約0.3g)を指にのせ、歯ぐきに塗りこむ。
口内炎:1日2~4回、適量を患部に塗布する。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
2.歯科用にのみ使用すること。

生葉口内塗薬の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師または歯科医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、
  この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

[関係部位] [症状]
  皮 ふ    発疹発赤、かゆみ 
  その他    味覚異常

3.5~6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って
  医師、歯科医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

生葉口内塗薬の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。