イソジンのどフレッシュ - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
イソジンのどフレッシュ

イソジンのどフレッシュの基本情報

イソジンのどフレッシュの概要

商品名 イソジンのどフレッシュ
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 ムンディファーマ
販売会社名 シオノギヘルスケア

イソジンのどフレッシュの特徴

●有効成分ポビドンヨードが,ヨウ素を遊離し,各種の細菌,真菌,ウイルスなど広範囲の微生物に対して迅速な殺菌・消毒効果を発揮します。
●イソジンのどフレッシュは,のどの炎症が気になるとき,有効成分ポビドンヨードをのどの患部に直接噴射する「のど用治療薬」です。
●携帯に便利な大きさと,使いやすいオーバーキャップを採用しています。

イソジンのどフレッシュの効果・効能

のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ。

イソジンのどフレッシュの構成成分

1mL中 ポビドンヨード4.5mg(有効ヨウ素として0.45mg) <成分・分量に関連する注意> 本剤の使用により、銀を含有する歯科材料(義歯など)が変色することがあります。

イソジンのどフレッシュの用法・用量

1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。
<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。
ノズルをのどの患部にむけて、アーッと声を出しながら2~3回直射してください。(息を吸いながら使用すると、液が気管支や肺に入ることがあります。)
小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
本剤はのどの患部への噴射塗布のみに使用し、キズややけどへの使用や、内服はしないでください。
目に入らないようにご注意ください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。

イソジンのどフレッシュの主な副作用

1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
(1)妊婦または妊娠していると思われる人
(2)授乳中の人
(3)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人
(4)次の症状のある人 口内のひどいただれ
(5)次の診断を受けた人 甲状腺機能障害
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤,かゆみ
口・・・あれ,しみる,灼熱感,刺激感
消化器・・・吐き気
その他・・・不快感
まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。
その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称・・・症状
ショック (アナフィラキシー)・・・使用後すぐに,皮膚のかゆみ,じんましん,声のかすれ,くしゃみ,のどのかゆみ,息苦しさ,動悸,意識の混濁などがあらわれる。
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください

イソジンのどフレッシュの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。