オロファニックTX錠 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
オロファニックTX錠

オロファニックTX錠の基本情報

オロファニックTX錠の概要

商品名 オロファニックTX錠
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 協和薬品工業
販売会社名 協和薬品工業

オロファニックTX錠の特徴

炎症成分のトラネキサム酸を配合。炎症のもとに作用して、のどの痛みやはれを鎮め、つらい口内炎も抑える治療薬です。
皮膚や粘膜の機能を正常に働かせるビタミンB2・ビタミンB6とビタミンCも配合しています。

オロファニックTX錠の効果・効能

口内炎咽頭炎扁桃炎(のどのはれ、のどの痛み)。

オロファニックTX錠の構成成分

6錠(成人1日服用量)中 トラネキサム酸750mg、カンゾウ乾燥エキス198mg(原生薬として990mgに相当)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)50mg、リボフラビン(ビタミンB2)12mg、L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンCナトリウム)500mg <成分・分量に関連する注意> 1.本剤に含まれているリボフラビン(ビタミンB2)により、尿が黄色になることがあります。 2.本剤の服用により、尿及び大便の検査値に影響を与えることがあります。医師の検査を受ける場合には、ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせてください。

オロファニックTX錠の用法・用量

次記1回量を1日3回、朝昼晩に服用してください。
成人(15歳以上):1回2錠。
7歳以上15歳未満:1回1錠。
7歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.食前・食後、いずれの服用でもかまいません。
3.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
4.錠剤の取り出し方
添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、取り出してください。(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等、思わぬ事故につながります。)

オロファニックTX錠の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)次の症状のある人。むくみ
 (6)次の診断を受けた人。高血圧、心臓病、腎臓病、血栓のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓静脈炎等)、血栓症を起こすおそれのある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
   〔関係部位〕   〔症  状〕
     皮膚   : 発疹発赤、かゆみ
     消化器  : 吐き気・嘔吐、胸やけ、食欲不振もしくは食欲増進、胃部
            不快感
    精神神経系 : めまい
     その他  : 頻尿
 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
 〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー
 〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、
        筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
   下痢
4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

オロファニックTX錠の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。