エメロット点鼻薬AG

エメロット点鼻薬AGの基本情報

エメロット点鼻薬AGの概要

商品名 エメロット点鼻薬AG
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 万協製薬
販売会社名 奥田製薬

エメロット点鼻薬AGの特徴

エメロット点鼻薬AGは抗アレルギー剤クロモグリク酸ナトリウムを配合したアレルギー専用点鼻薬です。クロモグリク酸ナトリウムがアレルギーの原因となるヒスタミン等の化学伝達物質の放出を抑え、アレルギー症状の発生を防ぐはたらきがあります。またナファゾリン塩酸塩が鼻粘膜のはれや充血を抑え鼻づまりを緩和し、クロルフェニラミンマレイン酸塩が抗ヒスタミン作用によりすでに起こってしまったくしゃみ、鼻水を鎮めます。花粉やハウスダスト等による鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの不快な症状に効果を発揮します。

エメロット点鼻薬AGの効果・効能

花粉、ハウスダスト(室内塵)等による次のような鼻のアレルギー症状の緩和:鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)。

エメロット点鼻薬AGの構成成分

100mL中 クロモグリク酸ナトリウム1g、ナファゾリン塩酸塩0.025g、クロルフェニラミンマレイン酸塩0.25g

エメロット点鼻薬AGの用法・用量

次の量を、両鼻腔内に噴霧してください。
成人(15歳以上)及び7歳以上の小児:1回1度ずつ噴霧。
3時間以上の間隔をおいて、1日3~5回使用。
7歳未満:使用しないこと。
3日間使用しても症状の改善がみられない場合には使用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.過度に使用すると、かえって鼻づまりを起こすことがあります。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.点鼻用にのみ使用してください。

エメロット点鼻薬AGの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)減感作療法等、アレルギーの治療を受けている人。
 (3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (5)次の診断を受けた人。
    高血圧、心臓病、糖尿病甲状腺機能障害、緑内障
 (6)アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹発赤、かゆみ、はれ
      鼻   : 刺激感、鼻出血、はれ
    精神神経系 : 頭痛
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕ショックアナフィラキシー
 〔症   状〕使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.3日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.症状の改善がみられても2週間を超えて使用する場合は、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

エメロット点鼻薬AGの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。