アルペンSこども鼻炎シロップ

アルペンSこども鼻炎シロップの基本情報

アルペンSこども鼻炎シロップの概要

商品名 アルペンSこども鼻炎シロップ
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 ライオン
販売会社名 ライオン

アルペンSこども鼻炎シロップの特徴

●ノンカフェインで眠りを妨げません。
●鼻づまりをおさえるショウキョウエキスを配合しています。
●飲みやすいいちご味ですので、お薬が嫌いなお子さまも嫌がらずに飲んでくれます。
●お子さまが簡単に開けられないよう安全キャップを採用しています。
●使いやすいプラスチック容器です。シロップの出すぎや液だれがありません。

アルペンSこども鼻炎シロップの効果・効能

急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、鼻づまり、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)。

アルペンSこども鼻炎シロップの構成成分

60mL中 クロルフェニラミンマレイン酸塩6mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩54mg、ショウキョウエキス38.8mg(原生薬換算量:400mg) 生薬エキスを配合しているため、まれにエキス由来の微混濁もしくは付着を生じることがありますが、品質に問題はありません。よく振ってから服用させてください。

アルペンSこども鼻炎シロップの用法・用量

1日3回毎食後及び必要な場合には就寝前にも服用してください。
約4時間の間隔をおいて、場合により1日6回まで服用して差し支えありません。
服用させる場合には添付されている計量カップをご使用ください。
7歳以上11歳未満(7~10歳):1回10mL。
3歳以上7歳未満(3~6歳):1回6mL。
1歳以上3歳未満(1~2歳):1回5mL。
6カ月以上1歳未満(6~11カ月):1回4mL。
3カ月以上6カ月未満(3~5カ月):1回3mL。
3カ月未満(0~2カ月)の乳児:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
2.2歳未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。
3.用法・用量を厳守してください。

アルペンSこども鼻炎シロップの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。
 (4)高齢者。
 (5)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (6)次の症状のある人。
    高熱、排尿困難
 (7)次の診断を受けた人。
    緑内障糖尿病甲状腺機能障害、心臓病、高血圧
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹発赤、かゆみ
    消化器   : 吐き気・嘔吐、食欲不振
    泌尿器   : 排尿困難
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕再生不良性貧血
 〔症   状〕青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、
        疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があ
        らわれる。

 〔症状の名称〕無顆粒球症
 〔症   状〕突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
  口のかわき、眠気
4.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

アルペンSこども鼻炎シロップの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。