ロートアルガードクリアブロックEXa - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
ロートアルガードクリアブロックEXa

ロートアルガードクリアブロックEXaの基本情報

ロートアルガードクリアブロックEXaの概要

商品名 ロートアルガードクリアブロックEXa
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 ロート製薬
販売会社名 ロート製薬

ロートアルガードクリアブロックEXaの特徴

[クロモグリク酸ナトリウムの働き]
クロモグリク酸ナトリウムは細胞膜を破れにくくすることでアレルギーの発生(ヒスタミン等の放出)を原因から抑えます。
[プラノプロフェンの働き]
炎症を起こす原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制し、炎症を鎮めます。

いつでも、どこでも、スムーズに点眼できるフリーアングルノズル
簡単にアイケアできて、とっても便利です。

ワンタッチ式スクリューキャップ
開ける時は左に1回カチッと回し、閉める時も右に1回カチッと回すだけ。簡単便利です。

ロートアルガードクリアブロックEXaの効果・効能

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和:目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感(コロコロする感じ)。

ロートアルガードクリアブロックEXaの構成成分

クロモグリク酸ナトリウム1%、クロルフェニラミンマレイン酸塩0.015%、プラノプロフェン0.05%、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.2%

ロートアルガードクリアブロックEXaの用法・用量

1回1~2滴、1日4回点眼してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.容器の先を目やまぶた、まつ毛に触れさせないでください。〔汚染や異物混入(目やにやホコリなど)の原因となる〕また、混濁したものは使用しないでください。
3.コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。(一旦レンズを外してから点眼してください。)
4.点眼用にのみ使用してください。
5.用法・用量を厳守してください。

ロートアルガードクリアブロックEXaの主な副作用

①次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
 (1)医師の治療を受けている人。 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (3)減感作療法など、アレルギーの治療を受けている人。
 (4)次の症状のある人:はげしい目の痛み (5)次の診断を受けた人:緑内障
 (6)アレルギーによる症状か他の原因による症状かはっきりしない人。
    とくに次のような場合はアレルギーによるものとは断定できないため、使用前に医師にご相談ください。
    ●片方の目だけに症状がある場合 ●目の症状のみで、鼻には症状がみられない場合
    ●視力にも影響がある場合
②使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
     皮ふ   : 発疹発赤、かゆみ
      目   : 充血、かゆみ、はれ(目のまわりを含む)、刺激感、異物
            感、なみだ目、目やに、痛み
     その他  : 息苦しさ
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
 〔症状の名称〕アナフィラキシー様症状
 〔症   状〕使用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ等があらわれる。
③次の場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
 (1)症状が悪化した場合 (2)目のかすみが改善されない場合(緑内障などの可能性も考えられる) (3)2日間使用しても症状がよくならない場合
④症状の改善がみられても、2週間を超えて使用する場合は、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

ロートアルガードクリアブロックEXaの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。