新ロートドライエイドEX - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
新ロートドライエイドEX

新ロートドライエイドEXの基本情報

新ロートドライエイドEXの概要

商品名 新ロートドライエイドEX
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 ロート製薬
販売会社名 ロート製薬

新ロートドライエイドEXの特徴

潤いを保持する涙の3層構造
涙は、右の図のように油層・水層・ムチン層の3層で形成されています。
油層は涙の蒸発を防ぎ、水層は酸素や栄養を多く含み、ムチン層は涙を目の表面にとどめる役割を持っています。
それぞれの涙液層が役割を果たすことで、目の表面に潤いを保つことができます。

涙が不足すると・・・
涙液3層のバランスが崩れると、涙の不足部分(ドライスポット)ができます。
これにより、角膜表面が露出するため、目は乾き、負担を受けやすくなります。
その結果、疲れ、刺激感(痛み、まぶしさ)、目が重い、目やにが出るなどの様々な不快症状を引き起こしてしまいます。

「新ロートドライエイドEX」は、涙液3層のバランスを整えることに着目した超・高粘度目薬。
とろっとした薬液が涙の膜を作るように潤いをとどめ、目の乾きに優れた効果を発揮します。

●超・高粘度(★約60倍)で潤いを保持 ★「V・ロート」との比較
●角膜保護成分基準*内最大濃度配合:コンドロイチン硫酸エステルナトリウム配合
*基準とは厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲
●涙液3層にアプローチした処方設計
●涙のようにやわらかく広がるさし心地
ゴマ油(製剤の安定剤)、ヒアルロン酸ナトリウム(製剤の粘稠剤)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(溶解補助剤)配合
●防腐剤無添加 *防腐剤(ベンザルコニウム塩化物、パラベン)無配合

新ロートドライエイドEXの効果・効能

涙液の補助(目のかわき)、目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感。

新ロートドライエイドEXの構成成分

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.5%、ヒドロキシエチルセルロース(HEC)0.6%、塩化カリウム0.02%、塩化ナトリウム0.44%

新ロートドライエイドEXの用法・用量

1回1~2滴、1日3~4回点眼してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.容器の先を目やまぶた、まつ毛に触れさせないでください。〔汚染や異物混入(目やにやホコリ等)の原因となる〕また、混濁したものは使用しないでください。
3.ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
4.点眼用にのみ使用してください。

新ロートドライエイドEXの主な副作用

1.次の人は、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位・・・症状
皮ふ・・・発疹発赤、かゆみ
目・・・充血、かゆみ、はれ、しみて痛い
3.次の場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合

新ロートドライエイドEXの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。