アロゲイン5 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
アロゲイン5

アロゲイン5の基本情報

アロゲイン5の概要

商品名 アロゲイン5
薬のタイプ 外用 / 第1類
製造会社 佐藤製薬
販売会社名 佐藤製薬

アロゲイン5の特徴

壮年性脱毛症における発毛剤

アロゲイン5は・・・
●ミノキシジル5%を配合した男性の壮年性脱毛症のための発毛剤です。

アロゲイン5の効果・効能

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び壮年性脱毛症における脱毛(抜け毛)の進行予防。

アロゲイン5の構成成分

100mL中 ミノキシジル5g

アロゲイン5の用法・用量

成人男性(20歳以上)が、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布してください。
20歳未満は使用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量の範囲より多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。定められた用法・用量を厳守してください(決められた以上に多く使用しても、効果の増加はほとんどなく、副作用の発現する可能性が高くなります)。
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
3.薬液のついた手で、目等の粘膜にふれると刺激があるので、手についた薬液はよく洗い落としてください。
4.アルコール等に溶けるおそれのあるもの(メガネわく、化学繊維等)にはつかないようにしてください。
5.整髪料及びヘアセットスプレーは、本剤を使用した後に使用してください。
6.染毛剤(ヘアカラー、毛染め、白髪染め等)を使用する場合には、完全に染毛を終えた後に本剤を使用してください。

アロゲイン5の主な副作用

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください
(1)今までの薬や化粧品等によりアレルギー症状(例えば、発疹発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
(2)高血圧の人、低血圧の人。
本剤は血圧に影響を及ぼす可能性が考えられます。
(3)心臓又は腎臓に障害のある人。
本剤は心臓や腎臓に影響を及ぼす可能性が考えられます。
(4)むくみのある人。
むくみを増強させる可能性が考えられます。
(5)家族、兄弟姉妹に壮年性脱毛症の人がいない人。
壮年性脱毛症の発症には遺伝的要因が大きいと考えられます。
(6)高齢者(65歳以上)。
一般に高齢者では好ましくない症状が発現しやすくなります。
(7)次の診断を受けている人。
甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症)。
甲状腺疾患による脱毛の可能性があります。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
関係部位・・・症状
皮膚・・・頭皮の発疹・発赤*、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系・・・頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器・・・胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系・・・原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
*頭皮以外にあらわれることもあります。
3.6ヵ月間使用して、次のいずれにおいても改善が認められない場合は、使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
脱毛状態の程度、生毛・軟毛の発生、硬毛の発生、抜け毛の程度(太い毛だけでなく細く短い抜け毛の減少も改善の目安となります)。
壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。
4.使用開始後6ヵ月以内であっても、脱毛状態の悪化や、次のような脱毛が見られた場合は、使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください
頭髪以外の脱毛、斑状の脱毛、急激な脱毛等。
壮年性脱毛症以外の脱毛症であったり、脱毛が他の原因によるものである可能性があります。

アロゲイン5の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。