月中仙ゲルホット

月中仙ゲルホットの基本情報

月中仙ゲルホットの概要

商品名 月中仙ゲルホット
薬のタイプ 外用 / 第3類
製造会社 東光薬品工業
販売会社名 日邦薬品工業

月中仙ゲルホットの特徴

●生薬成分<オウバク末>による消炎鎮痛効果と、トウガラシエキスの配合による温感効果を合わせもち、慢性的な腰痛、肩こり等にすぐれた効果を発揮します。
●伸縮布を使用していますので、関節部や筋肉の動きにぴったりフィットし、ひじ、ひざ、足首などのはがれやすい部位にも大変効果的です。
●粘着力が強く、しかも肌にやさしいパップ剤です。

月中仙ゲルホットの効果・効能

腰痛、肩こり、筋肉痛、筋肉疲労、関節痛、打撲捻挫、骨折痛、しもやけ。

月中仙ゲルホットの構成成分

100g中(1枚12g) オウバク末2.0g、トウガラシエキス0.06g(原生薬換算量:3.0g)、サリチル酸メチル0.5g、l-メントール0.5g、dl-カンフル0.3g

月中仙ゲルホットの用法・用量

1.薬剤面のフィルムをはがし、そのまま患部に貼り、紙テープで止めるか、包帯をしてください。
2.1日1~2回貼ってください。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた用法・用量をお守りください。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.本剤を貼ってから汗をかくと刺激を感じますから、汗をかきそうな作業やスポーツを行う前には貼らないでください。
4.本剤に触れた手で、目、口唇、鼻孔、その他の粘膜にさわらないでください。
5.皮ふの弱い方は、本剤を同じところに貼り続けないでください。
6.とくに皮ふが弱くて、かぶれやすい方は、使用前に腕の内側に小片を貼り、発疹発赤、かゆみ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
7.貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
8.本剤を貼ったまま、あるいははがした直後に入浴すると、強い刺激を感じることがありますので、少なくとも入浴の1時間前にははがしてください。また、入浴後は30分位してから使用してください。

月中仙ゲルホットの主な副作用

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること。
 (1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
 (2)薬によりアレルギー症状(例えば発疹発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人。
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
 (1)使用後、次の症状があらわれた場合
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹・発赤、かゆみ、はれ等、とくに強いかゆみや痛み
 (2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合

月中仙ゲルホットの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。