パテックスフェルビナスターAシップ

パテックスフェルビナスターAシップの基本情報

パテックスフェルビナスターAシップの概要

商品名 パテックスフェルビナスターAシップ
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 第一三共ヘルスケア
販売会社名 第一三共ヘルスケア

パテックスフェルビナスターAシップの特徴

●フェルビナクを1枚あたり70mg配合した鎮痛消炎シップ剤です。
●フェルビナクは痛みの原因物質(プロスタグランジン)の生成をおさえ、筋肉・腰・肩・関節のつらい痛みにすぐれた効き目をあらわします。
●アルニカチンキがはれや炎症をやわらげます。

パテックスフェルビナスターAシップの効果・効能

筋肉痛、腰痛、肩こりに伴う肩の痛み、関節痛、腱鞘炎(手の痛み・手首の痛み・足首の痛みと手のはれ・手首のはれ・足首のはれ)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲捻挫

パテックスフェルビナスターAシップの構成成分

膏体100g中[1枚あたり(10cm×14cm)膏体量10g] フェルビナク0.7g、アルニカチンキ1mL(原生薬として0.2g)

パテックスフェルビナスターAシップの用法・用量

15歳以上:表面のライナー(フィルム)をはがし、1日2回を限度として患部に貼付してください。
15歳未満:使用しないでください。
<使用法に関連する注意>
1.使用法を厳守してください。
2.本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤なので、症状がある場合だけ使用してください。
3.汗をかいたり、患部がぬれている時は、よく拭きとってから使用してください。
4.皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に、1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。

パテックスフェルビナスターAシップの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)薬や化粧品等によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮  膚  : 発疹発赤、かゆみ、はれ、ヒリヒリ感、かぶれ
 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。
 その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。
 〔症状の名称〕ショックアナフィラキシー
 〔症   状〕使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

パテックスフェルビナスターAシップの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。