リナαクリーム - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
リナαクリーム

リナαクリームの基本情報

リナαクリームの概要

商品名 リナαクリーム
薬のタイプ 外用 / 指定第2類
製造会社 万協製薬
販売会社名 ゼネル薬品工業

リナαクリームの特徴

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル配合
湿疹皮膚炎治療薬

水仕事などによって、手荒れ、乾燥肌状態になると、皮脂によるバリア機能が弱くなり、外部からの刺激や有害菌などが皮膚の内部にまで入り込んでしまい、湿疹やかゆみの原因となります。さらにそれを掻(か)いてしまうと、さらに角質が荒れるという悪循環を生んで症状を悪くしてしまいます。リナαクリームの主成分であるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、アンテドラッグという新しいタイプのステロイド剤で、その高い消炎効果と、同時に配合された3成分の働きによって、湿疹皮膚炎、かゆみなどを鎮めます。
アンテドラッグとは・・・皮膚表面の患部で優れた効果を発揮したのち、体内に吸収されると作用の弱い物質に分解されるという、有効性と安全性の両立を目的として開発された薬剤です。
また、本品は低刺激性のクリームで、よくのびてベタつかない、さっぱりとした使用感です。

リナαクリームの効果・効能

湿疹皮膚炎あせもかぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん

リナαクリームの構成成分

1g中 プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル1.5mg、クロタミトン50mg、トコフェロール酢酸エステル5mg、イソプロピルメチルフェノール1mg

リナαクリームの用法・用量

1日数回、適量を患部に塗擦してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた用法・用量を厳守してください。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
3.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状の重い場合には眼科医の診療を受けてください。
4.本剤は外用にのみ使用し、内服しないでください。
5.本剤の使用後、患部をラップフィルム等の通気性の悪いものでおおわないでください。

リナαクリームの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が広範囲の人。
(5)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感
皮膚(患部)・・・みずむし・たむし等の白癬にきび、化症状、持続的な刺激感
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

リナαクリームの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。