コリスチックID温感

コリスチックID温感の基本情報

コリスチックID温感の概要

商品名 コリスチックID温感
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 帝國製薬
販売会社名 帝國製薬

コリスチックID温感の特徴

●コリスチックID温感は、痛みの原因物質の生成を抑え、痛みを鎮めるインドメタシンと患部の血行をよくするトウガラシエキスを配合した温感タイプのパップ剤です。
●コリスチックID温感は、粘着性にすぐれた基剤と伸縮性のある基布を使用していますので、ピッタリフィットします。

コリスチックID温感の効果・効能

腰痛、筋肉痛、肩こりに伴う肩の痛み、関節痛、腱鞘炎(手の痛み・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲捻挫

コリスチックID温感の構成成分

膏体100g(1000cm2)中 インドメタシン0.5g、トウガラシエキス0.1g(原生薬換算量:1.25g)

コリスチックID温感の用法・用量

ライナー(プラスチックフィルム)をはがし、1日2回を限度として患部に貼付する。
15歳未満の小児は使用しないこと。
<用法・用量に関する注意>
1.用法・用量を厳守すること。
2.打撲(うちみ)、捻挫に使用する場合には、患部の熱感等の症状がおさまってから使用すること。
3.本剤は、痛みやはれ等の原因になっている病気を治療するのではなく、痛みやはれ等の症状のみを治療する薬剤であるので、症状がある場合だけ使用すること。
4.汗をかいたり、患部がぬれているときは、よく拭き取ってから使用すること。
5.本剤を使用してから汗をかくと刺激を感じることがある。
6.本剤を貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないこと。
7.本剤を貼ったまま、あるいは剥がした直後に入浴しないこと。(強い刺激を感じることがあるので、少なくとも入浴の1時間前には剥がし、入浴後は30分程してから使用すること。)
8.本剤に触れた手で、目の周囲、口唇、鼻孔、その他の粘膜にさわらないこと。
9.皮膚の弱い人は、使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に、1~2cm角の小片を目安として半日以上貼り、発疹発赤、かゆみ、かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用すること。

コリスチックID温感の主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、ヒリヒリ感、熱感、乾燥感、皮下出血
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

コリスチックID温感の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。