グリセリン「東海」(AP) - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
グリセリン「東海」(AP)

グリセリン「東海」(AP)の基本情報

グリセリン「東海」(AP)の概要

商品名 グリセリン「東海」(AP)
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 東海製薬
販売会社名 アラクス

グリセリン「東海」(AP)の効果・効能

(外用)ひび、あかぎれ。 (浣腸用)便秘

グリセリン「東海」(AP)の構成成分

グリセリン(C3H8O3)84.0~87.0%

グリセリン「東海」(AP)の用法・用量

(外用)
脱脂綿・ガーゼ等に浸して患部に軽く塗る。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
2.目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
3.外用にのみ使用すること。
(浣腸用)
本剤を精製水で2倍に希釈し、浣腸器を用いて直腸内に注入する。
注入量は希釈後の溶液の量として次の通りとする。
12歳以上:1回30mL。
6歳以上12歳未満:1回20mL。
1歳以上6歳未満:1回10mL。
1歳未満:1回5mL。
効果のみられないときは、さらに同じ量をもう一度直腸内に注入する。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた濃度に希釈して、よくかき混ぜること。
2.本剤使用後は、便意が強まるまで、しばらくがまんすること。(使用後、すぐに排便を試みると薬剤のみ排出され、効果がみられないことがある。)
3.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
4.特に乳幼児の場合には、安易な使用をさけ、浣腸にたよりすぎないよう注意すること。
5.注入に際し、無理に挿入すると直腸粘膜を傷つけるおそれがあるので注意すること。
6.浣腸にのみ使用すること。

グリセリン「東海」(AP)の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。