新キズドライ

新キズドライの基本情報

新キズドライの概要

商品名 新キズドライ
薬のタイプ 外用 / 第2類
製造会社 小林製薬
販売会社名 小林製薬

新キズドライの特徴

●殺菌・消毒:刺激が少なく皮ふにやさしい優れた殺菌力を持つ殺菌消毒剤「イソプロピルメチルフェノール」が傷口を殺菌消毒し、化を防ぎます
●痛みを鎮める:局所麻酔剤「ジブカイン塩酸塩」が痛みを鎮めます
●皮ふ形成を促進:「アラントイン」の創傷修復作用により、創傷面の皮ふ形成を促進し、傷の治りを早めます
●パウダーが傷口をサラッとさせます

<特記事項>
(1)新キズドライを使用する前に必ず、水道水などのきれいな水で患部の汚れを充分洗い流すこと
(充分に洗浄しないで使用すると、患部に汚れが残り化膿する恐れがある)
(2)患部が広範囲にわたるキズや、深いキズ、やけどの場合は、本剤を使用しないこと
(3)重ね塗りをしないこと
(4)同じ箇所に繰り返し使用する場合は、ぬるま湯などで患部をきれいに洗い、付着している薬剤を除去してから使用すること
(薬剤の除去が困難になり、治療を遅らせてしまうことがある)

新キズドライの効果・効能

きり傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ、創傷面の殺菌・消毒。

新キズドライの構成成分

100g中 イソプロピルメチルフェノール0.15g、ジブカイン塩酸塩0.045g、アラントイン0.15g

新キズドライの用法・用量

1日数回、患部に適量を噴射してください。
<用法・用量に関連する注意>
1.患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと。
2.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
3.目や口に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。また、口に入った場合にはすぐにうがいをし、医師の診療を受けること。
4.外用にのみ使用すること。
5.使用前によく振ること。
6.患部まで約10cmの距離で噴射すること。
7.凍傷などの恐れがあるので、同じ箇所に連続して1秒以上噴射しないこと。
「特記事項」の項をよく読むこと。

新キズドライの主な副作用

1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬や化粧品、ゼラチンなどによりアレルギー症状(例えば、発疹発赤、かゆみ、かぶれなど)を起こしたことがある人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位/  症  状
 皮ふ /発疹・発赤、かゆみ、はれ、痛み、熱感、

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合はただちに医師の診療を受けること

   症状の名称  /     症状
ショック      /使用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
アナフィラキシー) のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

新キズドライの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。