亀や婦人薬 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
亀や婦人薬

亀や婦人薬の基本情報

亀や婦人薬の概要

商品名 亀や婦人薬
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 福岡薬工社
販売会社名 福岡薬工社

亀や婦人薬の効果・効能

血の道、頭痛、月経不順、月経前後の下腹疼痛、産前産後、肩のこり、下腹腰足の痛み、冷え込み、のぼせ、耳鳴り、めまい、むくみ、神経衰弱、ヒステリー、ひきかぜ、子宮病、子宮出血。

亀や婦人薬の構成成分

1日量(1袋10g)中 センキュウ(川きゅう)1.0g、トウキ(当帰)1.0g、シャクヤク(芍薬)1.0g、ブクリョウ(茯苓)1.0g、ソウジュツ(蒼朮)1.0g、ケイヒ(桂皮)1.0g、ボタンピ(牡丹皮)1.0g、モッコウ(木香)1.0g、センコツ(川骨)0.95g、カンゾウ(甘草)0.5g、ダイオウ(大黄)0.5g、ベニバナ(紅花)0.05g

亀や婦人薬の用法・用量

大人(15歳以上)1日1袋を使用し、朝夕就寝前の3回服用する。
はじめの2回は、1袋に約180mL(1合)の熱湯を加えてよく振り出し、朝夕食前に服用する。
3回目は、朝夕に使用した残りの袋に、水約270mL(1合5勺)を加え約180mLに煮詰め、就寝前に服用する。
15歳以下7歳までは大人の半量宛服用する。
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
<服用上の注意>
1.振り出し、又は煎じた後、容器の底に粉末があってもそのまま服用して差し支えありません。
2.振り出し後、薬の液の色が少し薄い場合でも、成分、効能には変化がありません。

亀や婦人薬の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。