天恵実母散顆粒 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
天恵実母散顆粒

天恵実母散顆粒の基本情報

天恵実母散顆粒の概要

商品名 天恵実母散顆粒
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 天恵堂製薬
販売会社名 天恵堂製薬

天恵実母散顆粒の効果・効能

更年期障害、血の道症、月経不順、冷え症、及びそれらに随伴する次の諸症状:月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、どうき、息ぎれ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘むくみ

天恵実母散顆粒の構成成分

1日量(3包)中 シャクヤク末0.80g、ビャクジュツ末0.80g、センキュウ末0.60g、トウキ末0.60g、ケイヒ末0.50g、ブクリョウ末0.50g、ボタンピ末0.50g、コウブシ末0.40g、カンゾウ末0.39g、カノコソウ末0.30g、ニンジン末0.30g、サフラン0.01g

天恵実母散顆粒の用法・用量

次の量を、食間(空腹時)に水又は白湯にて服用してください。
15歳以上:1回1包。
11歳以上15歳未満:1回2/3包。
1日3回服用。
11歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.定められた用法、用量を守ってください。
2.小児に服用させる場合は、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.食間とは食後2~3時間を指します。

天恵実母散顆粒の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。