日水清心丸 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
日水清心丸

日水清心丸の基本情報

日水清心丸の概要

商品名 日水清心丸
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 日水製薬医薬品販売
販売会社名 日水製薬医薬品販売

日水清心丸の特徴

日水清心丸は、中国の北宋時代の書物「太平恵民和剤局方」に収載されている「牛黄清心丸」が原典です。「牛黄清心丸」は、長い年月をかけ処方が改良され、皇帝から庶民へ広く使われるようになりました。
日水清心丸は貴重で高価な牛黄をはじめ人参、当帰など各種生葉を配合し、金箔をほどこした丸剤です。中国の伝統的な製法を活かしながら近代的品質管理のもとで製造された医薬品です。

日水清心丸の効果・効能

次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振。

日水清心丸の構成成分

2丸(成人1日量)中 ゴオウ497.4mg、トウキ371.4mg、センキュウ371.4mg、カンゾウ619.2mg、シャクヤク619.2mg、ニンジン619.2mg、ケイヒ497.2mg、ボウフウ371.4mg、レイヨウカク557.6mg、アキョウ433.2mg、ブクリョウ204.2mg、サンヤク304.4mg

日水清心丸の用法・用量

次の量を食間空腹時に小さく切って服用する。
成人(15歳以上):1日2丸。
1回1丸、1日2回。
8歳以上15歳未満:1日1丸。
1回1/2丸、1日2回。
8歳未満:服用しないこと。
<用法用量に関連する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
2.服用直後にはなるべく刺激物や油物をさけること。

日水清心丸の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
 1)医師の治療を受けている人。
 2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書をもって薬剤師又は登録販売者に相談すること。
  [関係部位]  [症状]
   皮 ふ   発疹発赤、かゆみ
   消化器   悪心・嘔吐、胃部不快感、下痢
3.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

日水清心丸の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。