マムシホルモ内服液(A) - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
マムシホルモ内服液(A)

マムシホルモ内服液(A)の基本情報

マムシホルモ内服液(A)の概要

商品名 マムシホルモ内服液(A)
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 阪本漢法製薬
販売会社名 阪本漢法製薬

マムシホルモ内服液(A)の効果・効能

滋養強壮。 虚弱体質。 肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給。

マムシホルモ内服液(A)の構成成分

成人1日量(30mL)中 (局)チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1塩酸塩)10mg、(局)リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2リン酸エステル)2mg、(局)ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)5mg、(局)ニコチン酸アミド25mg、(局)カフェイン水和物50mg、(局)シアノコバラミン(ビタミンB12)1μg、(局)パントテン酸カルシウム10mg、イノシトール50mg、(局)タウリン500mg、イカリ草エキス10mg、枸杞子エキス10mg、人参エキス86mg、(局)ローヤルゼリー50mg、グルクロノラクトン100mg、コンドロイチン硫酸ナトリウム300mg、マムシ抽出液1000mg、マムシ胆乾燥末0.1mg、ゴオウ抽出液60mg、鹿茸エキス20mg、(エタノール0.6mL以下) <成分・分量に関連する注意> 1.本剤に配合されているリボフラビンリン酸エステルナトリウムにより、尿が黄色くなることがあります。 2.本剤に配合されている生薬成分により、混濁又は沈殿を生じることがありますが、品質上問題はありません。よく振ってお飲みください。

マムシホルモ内服液(A)の用法・用量

大人1日1回1瓶(30mL)を内服してください。
15歳未満は服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守すること。

マムシホルモ内服液(A)の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。