ハイチオールCプラス

ハイチオールCプラスの基本情報

ハイチオールCプラスの概要

商品名 ハイチオールCプラス
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 エスエス製薬
販売会社名 エスエス製薬

ハイチオールCプラスの特徴

L-システイン製剤
代謝を助けるアミノ酸L-システイン配合

L-システインとは・・・
タンパク質を構成するアミノ酸の1つです。皮膚や肝臓に多く存在し、さまざまな代謝に関与することで、体の健康に大切な働きをしています。
●肌の代謝(ターンオーバー)を助け、シミ・そばかすを治します。
ハイチオールCプラスは
・肌の代謝を助け、過剰にできたメラニンをスムーズに排出
・シミの原因となる過剰なメラニンの生成を抑制
・肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化
することで、シミ・そばかすを治します。
●体の代謝(エネルギー産生)を助け、全身倦怠(疲れ・だるさ)を改善します。
何らかの原因で体の代謝が滞ると、エネルギーが効率よく産生できず、疲れやだるさを感じるようになります。
ハイチオールCプラスは、栄養素をエネルギーに変換する酵素の働きを助け、体内エネルギーの産生をスムーズにすることで疲れやだるさを取り除きます。
●二日酔の原因物質の分解を助け、症状を改善します。
二日酔の原因は、アルコールを代謝する過程で生成されるアセトアルデヒドという物質です。ハイチオールCプラスは、アセトアルデヒドの分解を助け、二日酔の症状を改善します。

ハイチオールCプラスの効果・効能

しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症。 全身倦怠。 二日酔。 にきび湿疹じんましんかぶれ、くすりまけ。

ハイチオールCプラスの構成成分

6錠(成人1日量)中 L-システイン240mg、アスコルビン酸(ビタミンC)500mg、パントテン酸カルシウム24mg 本剤の服用により、尿及び大便の検査値が影響を受けることがあります。医師の検査を受ける場合は、ビタミンCを服用していることを医師にお知らせください。

ハイチオールCプラスの用法・用量

次の1回量を1日3回、水又はぬるま湯で服用してください。
成人(15歳以上):1回2錠。
7歳~14歳:1回1錠。
7歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.食前・食後にかかわらず、いつでも服用できます。
3.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

ハイチオールCプラスの主な副作用

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹
消化器・・・吐き気・嘔吐、腹痛
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ハイチオールCプラスの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。