カタセ錠D3 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
カタセ錠D3

カタセ錠D3の基本情報

カタセ錠D3の概要

商品名 カタセ錠D3
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 全薬工業
販売会社名 全薬工業

カタセ錠D3の特徴

カタセ錠D3は、カルシウムの吸収を助けるビタミンD3とアミノ酸(L-リシン塩酸塩、
タウリン)を配合した有核錠のカルシウム剤です。
12錠(15才以上の1日量)で600mgのカルシウムを含有しています。

カタセ錠D3の効果・効能

次の場合のカルシウムの補給:妊娠・授乳期、発育期、老年期。

カタセ錠D3の構成成分

12錠中 外皮 沈降炭酸カルシウム1165mg(カルシウムとして466mg)、グルコン酸カルシウム水和物1500mg(カルシウムとして134mg)、タウリン150mg 内核 コレカルシフェロール(ビタミンD3)400I.U.、L-リシン塩酸塩120mg、リボフラビン(ビタミンB2)5mg <成分に関連する注意> 本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、これは本剤中のリボフラビン(ビタミンB2)によるものですので、ご心配ありません。

カタセ錠D3の用法・用量

次の量を食後に服用してください。
15歳以上:1回4錠。
7歳以上15歳未満:1回2錠。
5歳以上7歳未満:1回1錠。
1日3回服用。
5歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
2.本剤は水又はぬるま湯で服用してください。

カタセ錠D3の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   医師の治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止
  し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   ●消化器:吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見
  られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者
  に相談してください。
   便秘、下痢
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

カタセ錠D3の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。