レバコール・S

レバコール・Sの基本情報

レバコール・Sの概要

商品名 レバコール・S
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 牛津製薬
販売会社名 日邦薬品工業

レバコール・Sの特徴

レバコール・Sは、新鮮な鰹の肝臓を加水分解したパンリバーエキス
(鰹肝臓水解物エキス)にビタミン、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム等を
配合した飲みやすい分割保健栄養薬です。
本品はノンカフェイン製剤ですので、カフェインの影響を受けやすい方
(例えば、なかなか眠れない方等)に特にお勧めします。

レバコール・Sの効果・効能

滋養強壮。 虚弱体質。 肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給。

レバコール・Sの構成成分

1日量(30mL)中 パンリバーエキス30mg、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム30mg、タウリン150mg、ニコチン酸アミド60mg、パントテン酸カルシウム30mg、イノシトール15mg、クエン酸鉄アンモニウム15mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)15mg、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)6mg、(アルコール0.3mL以下) <成分・分量に関連する注意> 1.本剤の服用により便が黒くなることがありますが、クエン酸鉄アンモニウム等の鉄分を含有するためです。 2.本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)を含有するためですから、ご心配ありません。 3.天然物を使用していますので、製品ロットにより多少の色、味、香り等が異なることがあります。 4.気温や液温等により多少の色、味、香り等が異なる場合があります。

レバコール・Sの用法・用量

次記の量を毎食後、服用してください。
大人(15歳以上):1回10mL。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないこと。
添付の計量コップをご使用ください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守すること。
2.ビンに直接口をつけて飲まないこと。
3.計量コップに注いだ薬液をビンに戻さないこと。
4.開栓後、味・においに明らかな変化があり異常を感じた場合には、直ちに服用を中止すること。

レバコール・Sの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、
  直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気・嘔吐、胃部不快感、胃部膨満感
    循 環 器 : 動悸
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続
  又は増強が見られた場合には、服用を中止し、
  この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   軟便、下痢
4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

レバコール・Sの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。