キヨーレオピンw - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
キヨーレオピンw

キヨーレオピンwの基本情報

キヨーレオピンwの概要

商品名 キヨーレオピンw
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 湧永製薬
販売会社名 湧永製薬

キヨーレオピンwの特徴

 キヨーレオピンwは、ニンニクを長期間かけ抽出・熟成し、濃縮して得られた濃縮熟成ニンニク抽出液に、肝臓分解エキス、ビタミンB1及びビオチンを配合した滋養強壮剤です。
 本剤は、ニンニク特有の刺激や臭いが軽減されておりますので、のみやすく、また服用後の口臭や体臭はほとんど気になりません。

キヨーレオピンwの効果・効能

大人[15歳以上]の場合 滋養強壮。 虚弱体質。 肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給。 8歳以上15歳未満の場合 滋養強壮。 虚弱体質。 偏食児・小児の発育期・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの場合の栄養補給。

キヨーレオピンwの構成成分

2mL中 濃縮熟成ニンニク抽出液0.9mL、肝臓分解エキス100mg、ビタミンB1塩酸塩20mg、ビオチン60μg

キヨーレオピンwの用法・用量

1回次記量を添付のカプセルに入れて水又はぬるま湯と一緒に服用してください。
大人(15歳以上):1回1mL。
1日2回服用。
8歳以上15歳未満:1回1mL。
1日1回服用。
8歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関する注意>
1.カプセル1個に1mLの薬液が入ります。
1).カプセルをはずす。
2).カプセルに薬液を入れる。
3).カプセルをはめて服用する。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.カプセルに薬液を入れますと軟化し、しばらくすると溶けますので服用のつど入れてください。

キヨーレオピンwの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
〔関係部位〕 皮膚
〔症状〕 発疹発赤、かゆみ
〔関係部位〕 消化器
〔症状〕 胃部不快感

3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 下痢

4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

キヨーレオピンwの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。