日水清心液 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
日水清心液

日水清心液の基本情報

日水清心液の概要

商品名 日水清心液
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 日水製薬医薬品販売
販売会社名 日水製薬医薬品販売

日水清心液の特徴

動物・植物・鉱物など天然物に由来する生薬類は、洋の東西を問わず有史以来人間の健康維持のための薬として利用されています。その有用性と安全性は長年にわたって使用された体験に基づいており、その有効成分の薬理作用は科学的な手法で追及され、次々と解明されています。
日水清心液は動物生薬2種(ゴオウ、ロクジョウ)、植物生薬6種(ニンジン、センキュウ、トウキ、カンゾウ、ケイヒ、オウギ)を配合した滋養強壮液剤です。
体の弱っている方、栄養障害のある方、病中病後などの方にすぐれた滋養強壮効果を発揮します。

日水清心液の効果・効能

滋養強壮。 虚弱体質。 肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給。

日水清心液の構成成分

1本(50mL)中 ゴオウチンキ2000μL(原生薬として20mg)、ロクジョウチンキ350μL(原生薬として100mg)、ニンジン流エキス1500μL(原生薬として1500mg)、センキュウ流エキス100μL(原生薬として100mg)、トウキ流エキス60μL(原生薬として60mg)、カンゾウ流エキス100μL(原生薬として100mg)、ケイヒ流エキス100μL(原生薬として100mg)、オウギ流エキス300μL(原生薬として300mg)、リボフラビン(ビタミンB2)10mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)10mg、酢酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)10mg、無水カフェイン50mg、(アルコール1mL以下) <成分分量に関連する注意> 尿を黄変させることがある。

日水清心液の用法・用量

次の1回量を1日1回服用する。
成人(15歳以上):1回1本。
15歳未満:服用しないこと。

日水清心液の主な副作用

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
    〔関係部位〕 〔症   状〕
     皮 膚  : 発疹発赤、かゆみ
     消化器  : 胃部不快感
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。
    便秘、下痢。
3.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

日水清心液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。