ロスミンS

ロスミンSの基本情報

ロスミンSの概要

商品名 ロスミンS
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 米田薬品
販売会社名 米田薬品

ロスミンSの特徴

慢性的な肩こりや腰痛、手足のしびれは硬くなった筋肉に圧迫されたりして、末梢神経が傷つくことで起こることがあります。
ロスミンSは末梢神経修復に関与する活性型ビタミンB12のメコバラミンと葉酸、筋肉のコリの原因になる疲労物質の蓄積を防ぐビタミンB1誘導体のフルスルチアミンや天然型ビタミンE、ビタミンB6を配合していますので、肩こり・腰痛、手足のしびれや眼精疲労などを緩和します。

ロスミンSの効果・効能

次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、眼精疲労。 「但し、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師又は薬剤師に相談してください。」

ロスミンSの構成成分

3錠中 メコバラミン(活性型ビタミンB12)1500μg、葉酸5mg、酢酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)100mg、フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)109.16mg[フルスルチアミンとして100mg]、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)100mg

ロスミンSの用法・用量

次の1回量を食後に水又はお湯で服用してください。
成人(15歳以上):1回1錠。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

ロスミンSの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
医師の治療を受けている人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹、かゆみ
消化器・・・吐き気・嘔吐、口内炎、食欲不振、胃部不快感
精神神経系・・・めまい
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称・・・症状
ショックアナフィラキシー)・・・服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
軟便、下痢、便秘
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

ロスミンSの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。