コンドリンプラス

コンドリンプラスの基本情報

コンドリンプラスの概要

商品名 コンドリンプラス
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 富山めぐみ製薬
販売会社名 富山めぐみ製薬

コンドリンプラスの特徴

飲みやすい小型錠の<コンドリンプラス>は、「コンドロイチン」「ビタミンB1」「ビタミンE」の
3つの成分が相乗効果を発揮して関節痛・腰痛・神経痛・手足のしびれ等を緩和します。
●コンドロイチン(コンドロイチン硫酸):ひざの関節部や腰の椎間板などに高い保水性を持つ
 コンドロイチン硫酸を補って、スムーズな動きを支えます。
●ビタミンB1(ベンフォチアミン=ビタミンB1誘導体):筋肉や末梢神経にエネルギーを
 生み出す作用を助ける働きを持つビタミンB1を補って、疲労や痛みを緩和します。
●ビタミンE(天然型ビタミンE):血管系に作用することにより血液の流れを良くします。
 その結果、体の隅々に血液が酸素や栄養分を運び、肩こりや手足のしびれ等を緩和します。

コンドリンプラスの効果・効能

次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足のしびれ、便秘眼精疲労。 脚気。 「但し、これらの症状について、1カ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師に相談すること。」 次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時。

コンドリンプラスの構成成分

1日量(8錠)中 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム900.0mg、ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体)138.3mg、酢酸d-α-トコフェロール100.0mg

コンドリンプラスの用法・用量

次の1回量を1日2回朝夕服用してください。
大人(15歳以上):1回2~4錠。
7歳以上15歳未満:1回1~2錠。
1日2回服用。
7歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.本剤は、用法・用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

コンドリンプラスの主な副作用

1.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を
  中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   [関係部位] [症  状]
    消化器    吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、
  服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   軟便、下痢
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

コンドリンプラスの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。