バイグロミン

バイグロミンの基本情報

バイグロミンの概要

商品名 バイグロミン
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 コーア製薬
販売会社名 日邦薬品工業

バイグロミンの特徴

末梢血行障害

ビタミンEは循環器、神経、内分泌、血液、生殖などの機能の維持に重要な役割を果たしている栄養素です。バイグロミンはこのビタミンEに、自律神経系の中枢である間脳視床下部に作用して機能を調節するガンマ-オリザノールとビタミンA・Dを配合し、紅花油と大豆油を基剤として製したソフトゼラチンカプセル剤です。

バイグロミンの効果・効能

末梢血行障害による次の諸症状の緩和:冷え症・手足のしびれ・しもやけ。 更年期による次の諸症状の緩和:肩こり・頭痛・頭重・不眠。 月経不順。 「但し、これらの症状について1カ月ほど使用しても改善が見られない場合は、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。」

バイグロミンの構成成分

2カプセル中 トコフェロール酢酸エステル100mg、ガンマーオリザノール6mg、ビタミンA油2000I.U.、エルゴカルシフェロール(ビタミンD)200I.U. <成分・分量に関連する注意> 白い沈殿物が析出することがありますが、有効成分のガンマーオリザノールで、効果に変わりはありません。

バイグロミンの用法・用量

大人:1日2カプセル。

バイグロミンの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊娠3ヵ月以内の妊婦、妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人。
(妊娠3ヵ月前から妊娠3ヵ月までの間にビタミンAを1日10000国際単位以上摂取した妊婦から生まれた児に先天異常の割合が上昇したとの報告がある。)
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ
消化器・・・胃部不快感、吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
便秘、下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。出血が長く続く場合は、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

バイグロミンの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。