プリズマホルモン精

プリズマホルモン精の基本情報

プリズマホルモン精の概要

商品名 プリズマホルモン精
薬のタイプ 内服 / 第1類
製造会社 原沢製薬工業
販売会社名 原沢製薬工業

プリズマホルモン精の特徴

男性ホルモンは主に睾丸の間質細胞から分泌されており、先天的に睾丸の発育の悪い人を除けば、加齢と共に睾丸の機能も衰え、その結果、体内の男性ホルモンが不足していきます。
プリズマホルモン精は男性ホルモンの前駆物質が含まれているブタ睾丸抽出物と、男性ホルモンのメチルテストステロンを主成分に、滋養強壮と胃腸機能を高めることにより滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されており、中高年における男性ホルモンの分泌不足によって起きる男性の性欲減退、陰萎等の症状を改善する医薬品です。

プリズマホルモン精の効果・効能

不眠症、陰萎、強精、官能性神経症、不感症、夢精、性慾減退症。

プリズマホルモン精の構成成分

1日量32g中 睾丸抽出物9.6g、杜松実アルコール水浸出溶液3.2g、陳皮・当薬・白し・生姜アルコール水浸出エキス0.32g、タラ根・ゲンノショウコアルコール水浸出エキス5.76g、肉豆蒄アルコール水溶液1.9g、メチルテストステロン1.6mg、橙皮・甘草アルコール水浸出溶液3.2g、莪朮・大蒜アルコール水浸出液2.56g、茴香・丁香・桂皮・牛肝臓アルコール水浸出液5.44g

プリズマホルモン精の用法・用量

大人1日4回朝・昼・夕食前と就寝前に服用してください。
8g/本:1回1又は2本。
16g/本:1回添付小器(約8g)にて1杯又は2杯。
毎食前用とする。
不眠症、冷え性、夜尿症は就寝前に服用。
業務過労、運動過労、心身過労、登山等の時は随時使用します。
疲労程度により、添付小器(約8g)にて1乃至2杯ずつ服用する。
(朝、昼、夕、就寝前の4回服用)
<用法・用量に関連する注意>
定められた用法・用量を厳守してください。

プリズマホルモン精の主な副作用

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談して下さい
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)高齢者。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。
    むくみ
 (5)次の診断を受けた人。
    肝臓病、心臓病、腎臓病、糖尿病、高血圧
 (6)45歳未満で、精巣機能低下などの疑いがある人(本剤は原則として45歳以上の成人を対象としています。)。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹発赤、かゆみ
    消 化 器 : 悪心・嘔吐、食欲不振
    精神神経系 : 過敏症状
  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい
 〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー
 〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、
        筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1~2ヶ月服用しても症状の改善がみられない場合は、この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい
4.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談して下さい

プリズマホルモン精の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。