セキセチン咳止め

セキセチン咳止めの基本情報

セキセチン咳止めの概要

商品名 セキセチン咳止め
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 湧永製薬
販売会社名 湧永製薬

セキセチン咳止めの特徴

セキセチン咳止めは、咳(せき)をしずめるとともに、のどにからまるたんを薄めて排出しやすくする医薬品で、生薬を配合した甘味のあるのみやすいシロップ剤です。

セキセチン咳止めの効果・効能

せき、たん。

セキセチン咳止めの構成成分

60mL中 ジヒドロコデインリン酸塩30mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩75mg、グアイフェネシン300mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩12mg、ニンジン流エキス1.2mL(ニンジンとして1.2g)、ゴミシ流エキス1.0mL(ゴミシとして1.0g)、バクモンドウ流エキス2.0mL(バクモンドウとして2.0g)、無水カフェイン70mg

セキセチン咳止めの用法・用量

通常1回次記量を1日3回毎食後なるべく30分以内に服用し、また必要に応じ就寝前に服用してください。
症状のひどい時は1日6回まで服用できますが、この場合は4時間の間隔をおいて服用してください。
大人(15歳以上):1回10mL。
12歳以上15歳未満:1回6mL。
1日3~6回服用。
12歳未満:服用させないでください。
計量には添付の計量カップをご使用ください。
<用法・用量に関する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

セキセチン咳止めの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  (1)医師の治療を受けている人
  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
  (3)高齢者
  (4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
  (5)次の症状のある人  高熱、排尿困難
  (6)次の診断を受けた人  心臓病、高血圧、糖尿病緑内障甲状腺機能障害、呼吸機能障害、閉塞性睡眠時無呼吸症候群肥満症
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    〔関係部位〕 皮膚
    〔症  状〕 発疹発赤、かゆみ
    〔関係部位〕 消化器
    〔症  状〕 吐き気・嘔吐、食欲不振
    〔関係部位〕 精神神経系
    〔症  状〕 めまい
    〔関係部位〕 泌尿器
    〔症  状〕 排尿困難
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
    〔症状の名称〕 再生不良性貧血
    〔症  状〕 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
    〔症状の名称〕 無顆粒球症
    〔症  状〕 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
    〔症状の名称〕 呼吸抑制
    〔症  状〕 息切れ、息苦しさ等があらわれる。

3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    便秘、口のかわき、眠気
4.5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

セキセチン咳止めの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。