マスチゲン錠《パウチ》 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
マスチゲン錠《パウチ》

マスチゲン錠《パウチ》の基本情報

マスチゲン錠《パウチ》の概要

商品名 マスチゲン錠《パウチ》
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 日本臓器製薬
販売会社名 日本臓器製薬

マスチゲン錠《パウチ》の特徴

1.貧血を治す鉄分配合により、1日1錠、2~3週間の服用で貧血への効果が期待できます。
2.配合の鉄分は体内での吸収がよく、貧血貧血が原因の疲れ・だるさ・立ちくらみを治します。
3.鳥レバー111gまたはホウレン草500g中に含まれる鉄分と同量の鉄分10mgを1錠中に配合しています。
4.鉄分の吸収を高めるレモン約3個分のビタミンC、赤血球を守るビタミンE、赤血球を造るビタミンB12、葉酸を配合。
5.思春期のお嬢様の貧血、産前産後の貧血、朝起きる時のつらさに有効です。
6.従来品より小型化した錠剤です。

マスチゲン錠《パウチ》の効果・効能

貧血

マスチゲン錠《パウチ》の構成成分

1錠中 溶性ピロリン酸第二鉄79.5mg(鉄として10mg)、ビタミンC50mg、ビタミンE酢酸エステル10mg、ビタミンB12 50μg、葉酸1mg <成分に関連する注意> 配合されている溶性ピロリン酸第二鉄により便秘になったり便が黒くなることがあります。

マスチゲン錠《パウチ》の用法・用量

成人(15歳以上)、1日1回1錠、食後に飲んでください。
朝昼晩いつ飲んでも構いません。
<飲み方に関連する注意>
1.貧血症状が少しでも改善された方は、その後も根気よく服用してください。詳しくは、薬剤師・登録販売者にご相談ください。
2.本剤の服用前後30分は、玉露・煎茶・コーヒー・紅茶は飲まないでください。ほうじ茶・番茶・ウーロン茶・玄米茶・麦茶はさしつかえありません。
3.2週間ほど服用されても症状が改善しない場合、他に原因があるか、他の疾患が考えられます。服用を中止し、医師・薬剤師・登録販売者にご相談ください。

マスチゲン錠《パウチ》の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。(1)医師の治療を受けている人。(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹発赤、かゆみ
    消 化 器 : 吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛
3.服用後、便秘、下痢があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この袋を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

マスチゲン錠《パウチ》の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。