救心錠剤

救心錠剤の基本情報

救心錠剤の概要

商品名 救心錠剤
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 救心製薬
販売会社名 救心製薬

救心錠剤の特徴

 どうきや息切れは、循環器系や呼吸器系の働きの低下をはじめ、過度の緊張やストレス、更年期や暑さ・寒さなどによる自律神経の乱れ、過労や睡眠不足、タバコやアルコールののみ過ぎ、肥満、激しい運動など、さまざまな原因で現れてきます。
 また、加齢などによって身体の諸機能が低下してくると、どうきや息切れも起こりやすくなります。
 さらに、こうした症状を放置しておくと、さまざまな疾病発症の要因となり、しだいに生活の質の低下を引き起こすようになります。
 救心錠剤は9種の動植物生薬がそれぞれの特長を発揮し、血液循環を改善してこのようなどうきや息切れにすぐれた効きめを現します。
 身体がだるくて気力が出ないときや、暑さなどで頭がボーッとして意識が低下したり、めまいや立ちくらみがしたときの気つけにも救心錠剤は効果を発揮します。

救心錠剤の効果・効能

どうき、息切れ、気つけ。

救心錠剤の構成成分

3錠中 蟾酥5mg、牛黄4mg、鹿茸末5mg、人参25mg、羚羊角末6mg、真珠7.5mg、沈香3mg、龍脳2.7mg、動物胆8mg

救心錠剤の用法・用量

朝夕及び就寝前に水又はお湯で服用すること。
大人(15歳以上):1回1錠。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないこと。
口の中や舌下にとどめたり、かんだりしないこと(このようなのみ方をすると、成分の性質上、舌や口の中にしびれ感がしばらく残ります。)

救心錠剤の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 〔関係部位〕 : 〔症  状〕
  皮膚    :  発疹発赤、かゆみ
  消化器   :  吐き気・嘔吐
3.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること 

救心錠剤の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。