薬草便秘薬 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
薬草便秘薬

薬草便秘薬の基本情報

薬草便秘薬の概要

商品名 薬草便秘薬
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 田村薬品工業
販売会社名 田村薬品工業

薬草便秘薬の特徴

薬草便秘薬は、古来から便秘の薬として用いられているダイオウ、センナ、アロエにそれらの働きをうまく引き出す役目の甘草を加えて製した薬草だけのおくすりです。
・このおくすりは薬草でつくられておりますので作用に無理がありません。
・とかく便秘薬につきものの腹痛などを伴いません。
・就寝前の服用で、翌朝自然なお通じの効きめがあらわれます。
・PTP包装になっておりますので旅行などに便利です。

薬草便秘薬の効果・効能

便秘便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔。

薬草便秘薬の構成成分

1日量5錠中 アロエ末150mg、ダイオウ末180mg、センナ末500mg、カンゾウ抽出物50mg(カンゾウ715mgに相当) 本剤は生薬(薬用の草根木皮)を用いた製品ですから、製品により錠剤の色調が多少異なることがありますが、効果には変わりがありません。

薬草便秘薬の用法・用量

15歳以上:1回3~5錠。
11歳以上15歳未満:1回2~4錠。
7歳以上11歳未満:1回1~3錠。
5歳以上7歳未満:1回1~2錠。
1日1回就寝前に服用すること。
但し、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量すること。
5歳未満:服用しないこと。
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
2.用法・用量を厳守すること。
3.錠剤の取り出し方
添付文書図のように錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して、裏面のアルミ箔を破り、取り出して服用すること(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながる)。

薬草便秘薬の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の症状のある人。
    はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   膚 : 発疹発赤、かゆみ
    消 化 器 : はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

薬草便秘薬の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。