スラーリア便秘内服液

スラーリア便秘内服液の基本情報

スラーリア便秘内服液の概要

商品名 スラーリア便秘内服液
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 ロート製薬
販売会社名 ロート製薬

スラーリア便秘内服液の特徴

ウォーターコントロールとは・・・。
ミネラルのはたらきで腸内に水分を移行させるしくみのこと。
水のチカラを利用して、やわらかくした便を洗い出すというメカニズムなので、スムーズな排出実感が期待できます。

〔GRAPEFRUIT FLAVOR〕
スッキリ飲みやすいグレープフルーツ味。冷やして飲むと、より飲みやすくなります。

STEP1:マグネシウムが浸透圧をUP
STEP2:腸内に水分が移行してくる
STEP3:便を洗い出してスッキリ!

〔ウォーターコネクト力(水分誘引力)を高める工夫がされた処方設計です。〕
洗い出す力が高い処方ですが、効き目の強さはご自分の症状の程度にあわせて調節いただくことができます。

肌あれによいビタミンB6配合

1.通常の便秘の状態では
便の中の水分が吸収されすぎて便が固くなり、排出されにくくなってしまいます。
2.マグネシウムが腸に入ると
マグネシウムイオン(Mg2+)等は、水と違って腸から吸収されにくい物質です。
3.水分が腸でコントロールされ
腸内の浸透圧が高くなるため、元に戻そうと水分の移動がおこります。
4.洗い出します
便がやわらかく膨らんで、腸の運動がはじまり、水とともに排出されます。

スラーリア便秘内服液の効果・効能

便秘便秘に伴う次の症状の緩和:肌あれ、吹出物、腹部膨満、食欲不振(食欲減退)、腸内異常醗酵、頭重、のぼせ、痔。

スラーリア便秘内服液の構成成分

100mL中 硫酸マグネシウム水和物5000mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)5mg

スラーリア便秘内服液の用法・用量

次の量を空腹時に服用してください。
15歳以上:1回50~100mL。
1日1回服用。
15歳未満:服用しないこと。
初回は最小量の50mLでお試しください。
その後、便通の具合や状態を見ながら少しずつ増量又は減量してください。
必ず添付の目盛付きカップで計ってお飲みください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.目盛付きカップは、ご使用のつど水洗い等して常に清潔に保管してください。

スラーリア便秘内服液の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)次の症状のある人
はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
(4)次の診断を受けた人 腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    消化器   : はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。
下痢

4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談下さい。

スラーリア便秘内服液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。