ウエストンナチュラル - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
ウエストンナチュラル

ウエストンナチュラルの基本情報

ウエストンナチュラルの概要

商品名 ウエストンナチュラル
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 小林薬品工業
販売会社名 小林薬品工業

ウエストンナチュラルの特徴

非刺激性でお腹が痛くなりにくく、クセになりにくい

現代人に多い食生活の偏り・運動不足・ストレスなどは、便秘を招きやすい生活習慣です。便秘は、肌あれ、吹出物、食欲不振など、体に様々な影響を与えます。本剤は、マグネシウムイオンの浸透圧作用により腸に水分を集め、便を軟らかくして自然に近いお通じを促します。また、成人(15才以上)の場合3~6錠と、症状に合わせて量の調節がしやすく、腸のぜん動運動を直接刺激しないためお腹が痛くなりにくく、習慣性もほとんどない、非刺激性便秘薬です。

ウエストンナチュラルの効果・効能

便秘便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔。

ウエストンナチュラルの構成成分

6錠中 酸化マグネシウム2000mg

ウエストンナチュラルの用法・用量

次の量を1日1回就寝前にコップ1杯の水で服用してください。
但し、初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
成人(15歳以上):1回3~6錠。
11歳~14歳:1回2~4錠。
7歳~10歳:1回2~3錠。
5歳~6歳:1回1~2錠。
1日1回服用。
5歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.個人差は大きいですが、早い方では約1~2時間で効果が現れます。
4.個人差がありますので初回は最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量してください。
5.必ず十分な水と一緒に服用してください。

ウエストンナチュラルの主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)次の症状のある人。
はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
(5)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位・・・症状
消化器・・・はげしい腹痛、吐き気・嘔吐
精神神経系・・・強い眠気、意識がうすれる
循環器・・・立ちくらみ、脈が遅くなる
呼吸器・・・息苦しい
その他・・・筋力の低下、口のかわき
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ウエストンナチュラルの添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。