オクダ胃腸薬(錠剤)

オクダ胃腸薬(錠剤)の基本情報

オクダ胃腸薬(錠剤)の概要

商品名 オクダ胃腸薬(錠剤)
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 奥田製薬
販売会社名 奥田製薬

オクダ胃腸薬(錠剤)の特徴

オクダ胃腸薬は、奥田の処方を基にし、その有効成分は和漢生薬を主剤として製薬した薬で、胃のもたれ、胃の痛み、胸やけなどの不快な症状にすぐれた効きめをあらわします。

オクダ胃腸薬(錠剤)の効果・効能

もたれ(胃もたれ)、胃痛、胃弱、胸やけ、胃酸過多、胃重、げっぷ(おくび)、食欲不振(食欲減退)、食べすぎ(過食)、飲みすぎ(過飲)、胸つかえ、胃部膨満感腹部膨満感、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、消化不良、胃部不快感。

オクダ胃腸薬(錠剤)の構成成分

成人(15歳以上)の1日服用量中 リュウタン末100mg、オウレン末10mg、センブリ末10mg、ダイオウ末100mg、オウバク末100mg、ニガキ末400mg、コロンボ末100mg、ニンジン末30mg、トウヒ末50mg、チンピ末50mg、エンメイソウ末250mg、ボレイ末2.5g、沈降炭酸カルシウム2.3g 本剤は和漢生薬を主剤としていますので、原料の採取時期などにより薬の色が多少異なることがありますが効果に変わりはありません。

オクダ胃腸薬(錠剤)の用法・用量

次の量を、食後にさゆ又は水で服用してください。
成人(15歳以上):1回5錠。
11歳以上15歳未満:1回3錠。
8歳以上11歳未満:1回2錠。
5歳以上8歳未満:1回1錠。
1日3回服用。
5歳未満:服用しないこと。
<用法・用量に関連する注意>
1.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
2.定められた用法・用量を守って服用してください。

オクダ胃腸薬(錠剤)の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)次の診断を受けた人。腎臓病、甲状腺機能障害
2.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

オクダ胃腸薬(錠剤)の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。