スクラート胃腸薬S(錠剤) - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
スクラート胃腸薬S(錠剤)

スクラート胃腸薬S(錠剤)の基本情報

スクラート胃腸薬S(錠剤)の概要

商品名 スクラート胃腸薬S(錠剤)
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 ライオン
販売会社名 ライオン

スクラート胃腸薬S(錠剤)の特徴

ストレスや疲れ、不規則な生活等で胃が弱って、胃の消化機能が落ちたと感じる、食べ過ぎていないのに胃がもたれる、食後に胃が重苦しく感じる方へ
胃痛・胃もたれ・胃が重い・膨満感
弱った胃に直接効く

●弱った胃の荒れた胃粘膜を直接保護・修復します
スクラルファートが弱った胃の荒れた胃粘膜に直接貼りついて、胃酸などの攻撃から保護するとともに、胃粘膜を修復していきます。
●健胃生薬が弱った胃の働きを高め、消化機能を助けます
7種の健胃生薬が、弱った胃を動かすとともに、胃液や消化液の分泌を調節し、消化を助けます。
●消化酵素が脂肪・でんぷんの消化を助けます
脂肪を分解するリパーゼAP12と、でんぷんを分解するビオヂアスターゼ2000が、効果的に消化を助けます。
●すばやく、かつ持続的に胃酸を中和します
炭酸水素ナトリウムと合成ヒドロタルサイトが症状のもととなる胃酸をすばやくかつ持続的に中和して胃への刺激を軽減します。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の効果・効能

胃痛、もたれ(胃もたれ)、胃重、胃部膨満感、胃部不快感、消化不良、消化不良による胃部膨満感・腹部膨満感、消化促進、食欲不振(食欲減退)、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、はきけ(むかつき、二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、胸つかえ、嘔吐、胸やけ、胃酸過多、げっぷ(おくび)。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の構成成分

1日服用量(9錠)中 上・下層(淡褐色) スクラルファート水和物574.05mg、炭酸水素ナトリウム600mg、合成ヒドロタルサイト480mg、健胃生薬末702mg〔ウイキョウ60mg、ウコン60mg、ケイヒ300mg、ゲンチアナ30mg、サンショウ12mg、ショウキョウ120mg、チョウジ120mg〕 中層(白色) スクラルファート水和物925.95mg、ビオヂアスターゼ2000 30mg、リパーゼAP12 30mg <成分に関連する注意> 本剤には生薬末(生薬:薬用の草根木皮)が配合されていますので、製品により色が多少異なることがあります。また、生薬末は7つの生薬を凍結粉砕したものですが、製品によっては生薬の繊維が目につくことがあります。どちらの場合も品質・効果に変わりはありません。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の用法・用量

次の量を食間*・就寝前又は食後に水又はぬるま湯にて服用してください。
*食間とは、食後2~3時間経過し、胃の中に食べ物がほぼなくなっている時です。
成人(15歳以上):1回3錠。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
用法・用量を厳守してください。

スクラート胃腸薬S(錠剤)の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)高齢者。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
腎臓病
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹発赤、かゆみ
3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
便秘
4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

スクラート胃腸薬S(錠剤)の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。