イナルシン胃腸内服液 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
イナルシン胃腸内服液

イナルシン胃腸内服液の基本情報

イナルシン胃腸内服液の概要

商品名 イナルシン胃腸内服液
薬のタイプ 内服 / 第3類
製造会社 常盤薬品工業
販売会社名 常盤薬品工業

イナルシン胃腸内服液の効果・効能

食欲不振、胃部膨満感腹部膨満感、消化不良、胃弱、食べ過ぎ(過食)、飲み過ぎ(過飲)、胸やけ、もたれ(胃もたれ)、胸つかえ、はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐。

イナルシン胃腸内服液の構成成分

1日量[60mL(30mL×2びん)]中 ケイヒエキス24.3mg(原生薬換算量:540mg)、ゲンチアナ流エキス0.5mL(原生薬換算量:500mg)、ウイキョウ流エキス0.216mL(原生薬換算量:216mg)、ショウキョウ流エキス0.216mL(原生薬換算量:216mg)、キジツエキス100mg(原生薬換算量:500mg)、カンゾウエキス150mg(原生薬換算量:600mg)、オウバクエキス100mg(原生薬換算量:330mg)、オウレン流エキス0.2mL(原生薬換算量:200mg)、ニンジン流エキス1.2mL(原生薬換算量:1200mg)、カルニチン塩化物120mg、(アルコール0.2mL以下/1びん(30mL)中)

イナルシン胃腸内服液の用法・用量

成人(15歳以上)1回1びん(30mL)を、1日2回食間に服用すること。
但し、1回目と2回目の服用間隔は、4時間以上おくこと。
用法・用量を守ること。

イナルシン胃腸内服液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。