新バック液

新バック液の基本情報

新バック液の概要

商品名 新バック液
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 全薬工業
販売会社名 全薬工業

新バック液の特徴

新バック液は、有効成分が生薬のみからなる液剤タイプの胃腸内服薬で、二日酔のむ
かつき、はきけ、胸やけなどの不快な症状を改善します。
1.オウレン、ケイヒ、ゲンチアナなどの健胃生薬の“心地よいかおりとほろ苦さ”
  が胃腸機能の回復を促して、二日酔のむかつき、はきけ、胸やけなどの症状を改
  善します。
2.あれた胃腸粘膜の修復を促すカンゾウ(甘草)エキスや、腸の働きを整えるアセ
  ンヤクを配合しています。
3.携帯に便利なミニボトル入りです。

新バック液の効果・効能

はきけ(二日酔のむかつき・悪酔のむかつき、胃のむかつき、嘔気、悪心)、飲みすぎ、食べすぎ、胸やけ、もたれ、胸つかえ、胃部膨満感腹部膨満感、消化不良、食欲不振、胃弱、嘔吐。

新バック液の構成成分

1びん20mL中 カンゾウエキス(甘草エキス)125mg(原生薬:625mg)、ソウジュツ抽出液2.33mL(原生薬:500mg)、オウレン抽出液2.66mL(原生薬:330mg)、ケイヒ抽出液3.66mL(原生薬:600mg)、チョウジ抽出液0.24mL(原生薬:30mg)、コショウ抽出液0.4mL(原生薬:50mg)、ゲンチアナ抽出液1.33mL(原生薬:150mg)、アセンヤク66.66mg

新バック液の用法・用量

次の量を食後に服用してください。
15歳以上:1回1びん20mL。
1日3回服用。
15歳未満:服用しないこと。
生薬配合製剤ですので、沈殿を生じることがありますが、薬効には変わりありません。よく振ってから服用してください。

新バック液の主な副作用

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)高齢者。
 (3)次の症状のある人。
    むくみ
 (4)次の診断を受けた人。
    高血圧、腎臓病、心臓病
2.服用後、まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は副作用の可能
  性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師の診療を受けてくだ
  さい。
  ●偽アルドステロン症、ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばり
                   に加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に
                   強くなる。
3.5~6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

新バック液の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。