宇津救命丸

宇津救命丸の基本情報

宇津救命丸の概要

商品名 宇津救命丸
薬のタイプ 内服 / 第2類
製造会社 宇津救命丸
販売会社名 宇津救命丸

宇津救命丸の特徴

1 直径2ミリの小さな粒ですから、乳幼児でも無理なく服用できます。
2 動物性生薬(ジャコウ、ゴオウ、レイヨウカク、ギュウタン)と植物性生薬(ニンジ
  ン、オウレン、カンゾウ、チョウジ)を配合しました。
3 配合生薬のすぐれた作用により、乳幼児特有の「疳」といわ
  れる症状におだやかな効きめを現します。

宇津救命丸の効果・効能

小児の疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳はき。

宇津救命丸の構成成分

1日量(60粒)中 ジャコウ(麝香)1.0mg、ゴオウ(牛黄)9.0mg、レイヨウカク(羚羊角)30.0mg、ギュウタン(牛胆)12.0mg、ニンジン(人参)110.0mg、オウレン(黄連)60.0mg、カンゾウ(甘草)60.0mg、チョウジ(丁子)9.0mg

宇津救命丸の用法・用量

いずれも1日3回、食前に服用してください。
3カ月以上1歳未満:1回3粒。
1歳以上3歳未満:1回6粒。
3歳以上5歳未満:1回8粒。
5歳以上8歳未満:1回10粒。
8歳以上11歳未満:1回15粒。
11歳以上15歳未満:1回20粒。
1日3回服用。
3カ月未満:服用させないこと。
乳児は授乳の際に乳頭につけ、母乳とともに与えるか、又は少量の砂糖・ジュースなどと服用されても結構です。
1.定められた用法及び用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
3.幼児に服用させる場合には、薬剤がのどにつかえることのないよう、よく注意してください。

宇津救命丸の主な副作用

1.次のお子さまは服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)次の症状のあるお子さま。
   はげしい下痢、高熱
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談くだ
  さい
(1)ひきつけ、下痢、消化不良、乳はきに5~6回服用しても症状がよくならない場合。
(2)小児の疳、かんむし、夜泣き、食欲不振、胃腸虚弱に1ヶ月間服用しても症状がよ
   くならない場合。

宇津救命丸の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。