総合かぜ薬NID顆粒 - 基本情報(効果・効能、用法・用量、副作用など) | MEDLEY(メドレー)
総合かぜ薬NID顆粒

総合かぜ薬NID顆粒の基本情報

総合かぜ薬NID顆粒の概要

商品名 総合かぜ薬NID顆粒
薬のタイプ 内服 / 指定第2類
製造会社 パナケイア製薬
販売会社名 京都薬品ヘルスケア

総合かぜ薬NID顆粒の効果・効能

かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒(発熱によるさむけ)、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和。

総合かぜ薬NID顆粒の構成成分

1.2g×3包中:成人1日量 アセトアミノフェン900mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩7.5mg、ジヒドロコデインリン酸塩24mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩60mg、チアミンジスルフィド24mg、リボフラビン12mg、カンゾウ末800mg、無水カフェイン75mg <成分・分量に関連する注意> 本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、これは本剤中のリボフラビンによるものなので心配はいりません。

総合かぜ薬NID顆粒の用法・用量

次の量を食後なるべく30分以内に服用してください。
15歳以上(成人):1回1包。
12歳以上15歳未満:1回2/3包。
1日3回服用。
12歳未満:服用しないでください。
<用法・用量に関連する注意>
1.用法・用量を厳守してください。
2.小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

総合かぜ薬NID顆粒の添付文書

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。