β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬) - 解説(効能効果・副作用・薬理作用など) | MEDLEY(メドレー)
β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)
眼圧(眼の中の圧力)を上昇させる房水(眼房水)の産生を抑えることで眼圧低下作用をあらわし、緑内障などの悪化を防ぐ薬

β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)の解説

β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)の効果と作用機序

  • 眼圧(眼の中の圧力)を上昇させる房水(眼房水)の産生を抑えることで眼圧低下作用をあらわす薬
    • 緑内障では眼圧が上昇することで、視野が狭くなるなどにより目が見えづらくなる
    • 眼球を満たしている房水の産生が過剰になると眼圧が上昇しやすくなる
    • 本剤は房水産生を抑える2種類の成分(β遮断薬、炭酸脱水酵素阻害薬)の配合剤

β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)の薬理作用

緑内障は眼圧(眼球内部の圧力)が高くなってしまうことで視神経にダメージが加わり、視野が狭くなることなどにより目が見えづらくなる病気。

眼圧を上昇させる主な要因として眼球を満たしている房水(眼房水)があり、なんらかの理由でこの房水の産生が過剰になったり排泄(流出)が滞ると、眼圧が上昇しやすくなる。

交感神経のβ受容体は房水の産生に深く関わり、β受容体を遮断すると房水の産生が抑えられる。また、房水は眼の毛様体(毛様体突起部)という場所で主に炭酸脱水酵素という物質を介して産生され 、この酵素の働きを阻害することでも房水産生が抑えられる。

本剤はβ遮断薬と炭酸脱水酵素阻害薬の配合剤で、2種類の成分のそれぞれ異なる作用により房水産生を抑えることで眼圧低下作用をあらわす。また本剤は、1回の点眼手技で2種類の成分を同時に点眼できるため、アドヒアランス(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること)などへのメリットも考えられる。

β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)の主な副作用や注意点

  • 眼・眼周囲症状
    • 刺激感、充血、眼のかすみ、角膜障害などがあらわれる場合がある
  • 全身症状
    • 主に点眼後、薬液が眼と鼻をつなぐ管を通り体内へ吸収されることによって生じる
    • 頻度は稀とされるが、β遮断作用などにより気管支の収縮や気管支喘息が誘発されたり、不整脈や血圧変動などがあらわれる可能性がある

β遮断薬・炭酸脱水酵素阻害薬配合剤(点眼薬)の一般的な商品とその特徴

コソプト

  • チモロール(β遮断薬)とドルゾラミド(炭酸脱水酵素阻害薬)の配合剤
    • 保存剤(防腐剤)を含まない1回使い捨てのディスポーザブルタイプの製剤(コソプトミニ)もある

アゾルガ

  • チモロール(β遮断薬)とブリンゾラミド(炭酸脱水酵素阻害薬)の配合剤