イキセキズマブ(ヒト化抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体)製剤
体内で産生されるインターロイキン-17A(IL-17A)に結合し、この物質の活性を中和する作用により、表皮角化細胞の過剰な増殖や活性化を抑える作用をあらわすことで乾癬による皮膚症状や関節炎などを改善する薬

イキセキズマブ(ヒト化抗ヒトIL-17Aモノクローナル抗体)製剤を使う主な病気

  • 乾癬性関節炎

    免疫の異常で皮膚の変化が生じる病気である乾癬が原因で、関節の痛みや腫れが生じた状態
    皮膚
    骨・関節
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 尋常性乾癬

    皮膚が赤褐色になったり、表面に白い垢のようなものが厚く付着したりする病気。その一部がボロボロと剥がれ落ちるのが特徴
    皮膚
    皮膚科