微小管阻害薬(エリブリンメシル酸塩製剤)を使用する主な病気(乳がん)など | MEDLEY(メドレー)
微小管阻害薬(エリブリンメシル酸塩製剤)
微小管の重合を阻害することで細胞分裂に不可欠な紡錘体の形成を阻害し細胞分裂を停止させ、がん細胞の自滅を誘導することで抗腫瘍効果をあらわす薬

微小管阻害薬(エリブリンメシル酸塩製剤)を使う主な病気

  • 乳がん

    乳腺に発生する悪性腫瘍。女性に多いが、男性に発症することもある
    胸(肺・心臓・その他)
    腫瘍内科
    乳腺外科
    産婦人科
    緩和ケア科
    麻酔科