食中毒に関連する診療科の幡多郡黒潮町の病院・クリニックの検索結果

※感染症内科、救急科、消化器内科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • 大方クリニック

    診療科:内科 胃腸科 リハビリテーション科 放射線科
    〒7891931 高知県幡多郡黒潮町入野2016-1
    0880-43-2255
    土佐くろしお鉄道入野駅より歩いて1分

    内科 診療時間

    08:30-12:30
    13:30-17:00

高知県幡多郡黒潮町の町域から食中毒に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

食中毒が心配な方

食中毒は、原因となる病原体や毒素によっていくつかの種類に分かれます。有名なものにはノロウイルス感染症や、黄色ブドウ球菌食中毒があります。食事をとってから症状を発症するまでにかかる時間もばらばらであり、症状も少しずつ異なります。

古くなったものを口にして発症するものや、海外などで衛生管理が十分になされていない生水が原因となって発症するものなどがあります。特に海外旅行後に症状が出たものなどは、その情報がないと適切な診断にたどり着けないことがありますので、嘔吐や下痢といった症状の前1か月以内に海外旅行をされた方は、食中毒を念頭に置いて診断を考えてもらうために、そのことをぜひ申し出るように...

食中毒でお困りの方

食中毒の治療は原因となる病原体や毒素によって異なります。抗生物質が有効なものもあれば、そうでないものもあるためです。嘔吐や下痢が止まらずにつらいというのが典型的な症状ですが、抗生物質以外には吐き気止め、熱冷まし、整腸剤といった薬を併用することが多いです。

下痢がある場合でも、下痢止めは使わないことが多いです。下痢は、体内にいる病原体や毒素を外に排泄する目的で生じているためです。下痢を無理やり薬で止めると、その原因物質が取り除かれるのが遅れることになってしまいます。結果的に、食中毒から回復するまでにかかる時間が伸びてしまうため、下痢止めは避けて治療を行います。

ご自身で、食中毒...

高知県幡多郡黒潮町の食中毒に関連する診療科の病院・クリニック1件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。