鶏眼(うおのめ)に関連する診療科の熊本市中央区呉服町の病院・クリニックの検索結果

※皮膚科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • 診療科:形成外科 皮膚科 アレルギー科
    〒8600035 熊本県熊本市中央区呉服町2-36-1
    096-356-4112
    市電 熊本駅前より 電車5分呉服町 停留所下車 徒歩1分

    形成外科 診療時間

    09:00-12:00
    15:00-18:00
    15:00-17:00

熊本県熊本市中央区のほかの町域から鶏眼(うおのめ)に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

鶏眼(うおのめ)が心配な方

鶏眼(うおのめ)は、足の裏にできるしこりです。足のできものには、鶏眼の他に胼胝(たこ)、尋常性疣贅など様々なものがあります。医師が見れば容易に見分けがつくものでも、慣れていない方が見た目だけから区別するのは難しい場合もあります。

いずれの場合も軽いものであれば様子を見ていても構いませんが、痛みがある場合や長引いている場合、診断をつけたい場合には皮膚科のクリニック受診をお勧めします。鶏眼は皮膚科の中でも最もメジャーな病気の一つです。診断によって治療が異なりますので、症状や悩みがある場合には診察を受けて、診断をはっきりさせた方が治療に取り組みやすくなります。

鶏眼(うおのめ)でお困りの方

鶏眼の治療は、薬を塗ったり貼ったりして柔らかくした後に鶏眼の中心にある芯(硬い部分)を取り除くことです。液体窒素を用いた冷凍凝固法を行うこともありますが、どのような方法を取ったとしても、その部分が擦れたり体重がかかったりという鶏眼の原因を取り除かない限り再発します。靴を変えたり、中敷きの工夫をしたりすることで改善が見込めますので、そのような調整も含めて皮膚科でご相談されることをお勧めします。

熊本県熊本市中央区呉服町の鶏眼(うおのめ)に関連する診療科の病院・クリニック1件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。