慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関連する診療科の浦添市大平の病院・クリニックの検索結果

※リハビリテーション科、呼吸器内科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • 診療科:脳神経外科 整形外科 神経内科 放射線科 リハビリテーション科 内科
    〒9012113 沖縄県浦添市大平466
    098-877-5806
    自家用車・バス・タクシー

    脳神経外科 診療時間

    2:00-5:30
    8:30-12:30
    9:00-12:30

沖縄県浦添市のほかの町域から慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

慢性閉塞性肺疾患(COPD)が心配な方

慢性閉鎖性肺疾患(COPD)は喫煙習慣のある人に発症しやすく、咳や運動後の息切れが初期症状となります。ご自身がCOPDではないかとご心配な方は、まず一度呼吸器内科、もしくは一般内科のクリニックを受診されることをお勧めします。

聴診やレントゲン、そして必要に応じて胸部CTや呼吸機能検査でCOPDは診断します。全ての検査を行う前の段階でCOPDが疑わしいということになれば、最初にかかった医療機関から診療情報提供書(紹介状)をもらった上で専門病院を受診する流れになることが多いでしょう。診療情報提供書がないと基本的な検査を一からやり直すことになってしまうためご注意なさって下さい。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)でお困りの方

慢性期のCOPDの治療は特殊な設備を要するものではなく、内科のクリニックでも行うことが可能です。COPDを悪化させないために最も重要なことは、喫煙を避けることです。もし現時点で喫煙習慣があるようであれば、禁煙外来のある病院やクリニックに通院してみることも選択肢の一つです。

COPDは通常は年単位で徐々に進行する病気であり、短期的にみれば症状は安定しています。しかし、肺炎を起こすなどして急激に呼吸の状態が悪化すると入院治療が必要となります。これを、COPDの急性増悪(ぞうあく)と言います。

COPD急性増悪の場合、入院の上で抗生物質をはじめとする治療を行います。大学病院など専門...

沖縄県浦添市大平の慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関連する診療科の病院・クリニック1件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。