マラセチア毛包炎に関連する診療科の新潟市中央区万代の病院・クリニックの検索結果

※感染症内科、皮膚科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • さくら皮膚科医院

    診療科:皮膚科 アレルギー科
    〒9500088 新潟県新潟市中央区万代3丁目1番1号 新潟日報メディアシップ3階
    025-245-1000
    JR新潟駅万代口より萬代橋の方へ徒歩11分。 新潟交通の万代シティバスセンター前停留所の...

    皮膚科 診療時間

    10:00-13:00
    15:00-19:00
  • 永井皮フ科クリニック

    診療科:皮膚科
    〒9500088 新潟県新潟市中央区万代1-2-14 シルバー流通ビル4階
    025-247-3677
    ・JR「新潟駅」より万代シティ方面へ徒歩10分 ・新潟交通「万代シティバスセンター」より...

    皮膚科 診療時間

    09:30-13:00
    09:30-14:00
    15:00-18:30

新潟県新潟市中央区のほかの町域からマラセチア毛包炎に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

マラセチア毛包炎が心配な方

マラセチア毛包炎では、胸や背中などに赤いぶつぶつができます。2-3個程度ではなく数十個から数百個の単位で広がるのが特徴です。見た目だけではマラセチア毛包炎かどうかの診断が確定できないため、マラセチアが原因かどうかを確定するには、はがれた皮膚や膿を採取して顕微鏡で観察します。

ご自身の症状がマラセチア毛包炎でないかと心配になった時には、お近くの皮膚科クリニックで相談してみることをお勧めします。珍しい特別な病気ではありませんので、診断や治療のために専門性の高い病院を受診する必要はありません。

マラセチア毛包炎でお困りの方

マラセチア毛包炎の治療は、塗り薬が基本です。症状の範囲が広かったり程度が強い場合には内服薬を使用することもあります。マラセチア毛包炎については、診断がつき次第その場で治療が開始されますし、治療の方法にもバリエーションが少ないため、どこでどのような治療を受けるか迷う余地は少ない病気かもしれません。しかし、診断が間違っていて別の種類の薬を使用し続けていると症状が治らない(もしくは悪化する)ことがあるため注意が必要です。

新潟県新潟市中央区万代のマラセチア毛包炎に関連する診療科の病院・クリニック2件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。