薬剤性急性出血性腸炎に関連する診療科の下新川郡朝日町の病院・クリニック一覧 | MEDLEY(メドレー)

薬剤性急性出血性腸炎に関連する診療科の下新川郡朝日町の病院・クリニックの検索結果

※消化器内科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • 診療科:内科 胃腸科 循環器科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 婦人科 眼科 ...
    〒9390798 富山県下新川郡朝日町泊477番地
    0765-83-1160
    JR泊駅下車 徒歩15分 北陸自動車朝日インターより10分

    内科 診療時間

    08:30-12:30
    14:00-17:15
  • 坂東病院

    診療科:内科 外科 小児科 整形外科 リハビリテーション科 心臓血管外科 循環器内科 消化器...
    〒9390743 富山県下新川郡朝日町道下900
    0765-83-2299
    あいの風富山鉄道泊駅より徒歩10分 北陸自動車道 朝日インターチェンジから車で5分

    内科 診療時間

    08:30-12:00
    13:30-16:00
    15:30-19:00

富山県下新川郡朝日町の町域から薬剤性急性出血性腸炎に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

薬剤性急性出血性腸炎が心配な方

薬剤性急性出血性腸炎では、発熱と下血、下痢、そして波のある腹痛が見られます。症状だけでは感染性腸炎など他の腸の病気と区別がつきづらいものですが、この病気は、抗生物質(ペニシリン系やセフェム系と呼ばれるもので多い)の内服から数日後に発症するのが特徴的です。もともと持病のない方(特に若い方)で下血が出ると、まず考えるのは痔や感染症で、感染症の中でも食中毒の類や、衛生状態のあまり良くない国で感染するようなものが主体になります。そのような心当たりもなく、また抗生物質を飲み始めた数日後に下血が出たとなると、この薬剤性急性出血性腸炎が疑われる病気の一つとなります。

ご自身がこの病気でないかと心配に...

薬剤性急性出血性腸炎でお困りの方

薬剤性急性出血性腸炎は入院が必要なほど重症化することはあまり多くありませんが、腸からの出血が止まらない、下痢が止まらずに脱水が強い、薬剤性急性出血性腸炎が疑われるが他の病気と区別がつかないといったような場合が入院になるケースです。入院の上で点滴で水分を補ったり、必要に応じて大腸内視鏡で診断をつけたりします。

現在の日本の医療体制では、「通院は近所のかかりつけ医、入院は地域の総合病院」といった分業と、医療機関同士の連携が重視されています。重症の患者さんが安心していつでも総合病院にかかれるように、総合病院でなくとも診療が行える病状の方は、できるだけ地域のクリニックを受診してもらうことで...

富山県下新川郡朝日町の薬剤性急性出血性腸炎に関連する診療科の病院・クリニック2件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。