帯状疱疹後神経痛に関連する診療科の東牟婁郡古座川町三尾川の病院・クリニックの検索結果

※ペインクリニック、一般内科、感染症内科等の診療科を標榜する医療機関を自動で取得・表示しています。 いずれの医療機関でも初期診療や適切な他病院の紹介は原則可能ですが、ご希望の診療内容が受けられるかどうかは医療機関にお問い合わせください。
  • 診療科:内科 整形外科
    〒6494455 和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川944番地
    0735-75-0018
    古座川から車で30分くらい。駅から「ふるさとバス」が出ている。「三尾川橋」で下車。徒歩5分。

    内科 診療時間

    9:00-12:00
    14:00-17:00

和歌山県東牟婁郡古座川町のほかの町域から帯状疱疹後神経痛に関係する診療科のある病院・クリニックを探す

帯状疱疹後神経痛が心配な方

帯状疱疹後神経痛とは、帯状疱疹を発症した後に痛みだけが残った状態を指します。帯状疱疹の初期では主に片側の胸から背中に皮膚の赤みや水ぶくれ、そして痛みが出現します。痛みが先行してあとから皮膚の異常が出現することが多いですが、皮膚の症状が改善した後になっても痛みが続くのがこの帯状疱疹後神経痛です。

帯状疱疹と診断された後に痛みが持続している場合、もし帯状疱疹を診てもらっていた医療機関が既にあれば、まずはそこで相談してみることをお勧めします。逆に帯状疱疹を発症した時点では診断を受けておらずこれから初めて受診するというような場合には、皮膚科のクリニックの受診が良いでしょう。

帯状疱疹後神経痛でお困りの方

帯状疱疹後神経痛の場合、痛み止めを内服しても痛みがゼロになるというのは難しいかもしれません。通常の痛み止めだけでなく、神経に作用する痛み止め(抗うつ薬や抗てんかん薬としても用いられるものです)を併用します。しかし、それでも中には極端に痛みが強くて日常生活がままならない方や、数週間たっても痛みが治まらないというような方がいます。そのような場合にはペインクリニックといって、痛みに対する治療を専門とする診療科があります。

ペインクリニックは、麻酔科の医師が担当していることが多いです。ブロック注射といって、首の前方に注射をして神経を麻痺させることで痛みを改善させる処置を検討します。専門性が...

和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川の帯状疱疹後神経痛に関連する診療科の病院・クリニック1件の一覧です。診療科、土曜・日曜診療、予防接種などの条件で病院・クリニックを検索できます。