世田谷そのだ皮膚科
  〒 154-0017 東京都 世田谷区世田谷4-1-3 世田谷医療COMMUNITY4F401
世田谷そのだ皮膚科

世田谷そのだ皮膚科

PR


世田谷区、幕末に武士、思想家、教育者として活躍した吉田松陰を祭る松陰神社の近くに、2016年10月、世田谷そのだ皮膚科が開院した。園田広弥院長は、高校生の時から「皮膚科医」を志すようになり、東京大学医学部附属病院を始めとした医療機関で皮膚科診療に従事し、開業に至った。園田院長の医師としての人生、今後行っていきたい医療についてインタビューした。

アトピーで悩む子どもたちの、より良い人生の手助けをしたい

先生がドクターを志した経緯、皮膚科を選んだ理由を教えてください

人の役に立てる仕事である医者はいいな、と高校生の頃から思うようになりました。またもし医者になるのだったら、私自身が子供の頃アトピーに苦しんだことがあり、また家族にアレルギー疾患が多かったので、皮膚科医になって同じような人たちを助けたいなと考えました。皮膚って、どうしても他の人の目にみえてしまうじゃないですか。小学生、中学生、高校生だと、皮膚に症状が出てしまうと悩む子が多いんですよね。
この多感な時期に、皮膚の症状があるかないかで、その子の人生が大きく影響を受けることもあるんですよ。中学生くらいの英語の授業で読んだ文章で、「人生の初めの20年間が、体感的には人生の半分を占める」と書いてあったのをはっきりと覚えています。それくらい衝撃があったんですね。皮膚科医になったら、皮膚の症状で辛い思いをしている子たちのより良い人生を手助けできるかなと思ったんです。

研修医時代に大変だったことはなんですか?

私はアトピー性皮膚炎をずっとやりたかったんですけど、実際に皮膚科医になってから、大学の医局から派遣された病院では皮膚がんばかりを診療していました。手術はたくさんありますし、人はたくさん亡くなりますし、忙しくて辛い時期でもありました。
しかし今となっては、すごくいい思い出です。その時に養った技術と経験が、今の私の皮膚科医としての能力の、大部分を占めています。皮膚がんの人たちの治療を一生懸命して、それでもだんだんと身体が弱っていって、亡くなっていく。その過程を患者さんと一緒に過ごすことを繰り返していく中で、医師としての深みが増したと実感しています。普通に皮膚科医をしているだけだと、なかなかそういった経験はすることができません。 世田谷そのだ皮膚科2

皮膚科医こそ、患者さんとの信頼関係づくりが大切

どういった時に、皮膚科医としてのやりがいを感じますか?

色んな皮膚科を転々としていた患者さんが私のところに来て、治療をして治って帰っていくととても嬉しいですね。診断や薬の選び方も大切なのですが、皮膚科は患者さん自身が塗り薬を塗る回数、セルフケアが大切です。そのため、患者さんへの説明が上手くできているかどうかによって、治療効果が全然変わってきます。皮膚科の場合、ある程度治ってくると患者さん自身の判断で薬を辞めてしまう人も比較的多いんですね。だからこそ、患者さんへの説明がすごく大切になってきます。
友だちにこう言われた、という理由で治療を辞めたり、変えたりする人がいます。今はインターネット上の間違った内容の記事を鵜呑みにしてしまうこともあります。患者さんが間違ったことを信じてしまわないためにも、関係性をしっかりと作り、信頼してもらうことがとても大切です。

患者さんとの関係づくりのために心がけていることはなんですか?

話しやすい環境づくりをすることですね。患者さんは困っているから診療所に来ているので、笑顔は大切だなと思っています。医師が笑顔で、クリニックでリラックスできる環境を整えていると、「実はこういうことで悩んでいるんです」ということを聞き出すことができます。

他に先生が力を入れていることはなんですか?

病院にいた時に比べると、クリニックでは珍しい病気や重症の病気の割合が少ないです。しかしクリニックの医師こそ、そういった病気を早く見つけて、適切な治療や病院への紹介をする役割を担っています。それが開業医の使命です。
しかし病院にいる時は珍しい病気の人がたくさん集まってくるので目が肥えた状態になれるのですが、クリニックだとそうもいきません。定期的な勉強や情報のアップデートが必要だと感じていまして、病院の勤務医や開業医も含め、同世代の医師たちが集まる勉強会を主催しています。

最後に今後のクリニックの展望について一言ください

地域に根付いた診療を確立させて、患者さんと信頼関係をつくっていきます。少なくともあと30年以上は診療できるので、今出会っている患者さんたちを、長く診ていきたいと思っています。

世田谷そのだ皮膚科の基本情報・アクセス

施設名

世田谷そのだ皮膚科

セタガヤソノダヒフカ

住所 〒 154-0017 東京都 世田谷区世田谷4-1-3 世田谷医療COMMUNITY4F401
電話番号 03-3420-5005
アクセス 東急世田谷線 松陰神社前下車 徒歩2分 山手線 渋谷下車 渋21 上野行き 松陰神社前バス停下車 徒歩0分 渋23 祖師ヶ谷大蔵駅行き 松陰神社前バス停下車 徒歩0分 京王井の頭線 渋谷下車 渋24 成城学園前駅西口行き 松陰神社前バス停下車徒歩0分
駐車場 無料 - 台 / 有料 6 台
病床数 合計: - ( 一般: - / 療養: - / 精神: - / 感染症: - / 結核: -)
Webサイト http://setagaya-hifuka.jp/

この情報は、厚労省および都道府県が公開する情報に基づいています。最新の情報については世田谷そのだ皮膚科へ直接お問い合わせください。

掲載内容にお気づきの点がある方はこちら
医師が所属する医療機関
MEDLEYニュース新着記事